うたうたい

土曜日、THE WARENKA(ワレンキャ)というバンドのライブを聴きに、渋谷の沖縄料理居酒屋に行ってきました。
ボーカルの賢太郎が奄美の徳之島出身で、他の人たちも全部南九州出身の、パンクロック、スカ、レゲエ、奄美民謡アレンジ・・・。とにかく幅が広い、アツいバンドです。
c0159876_0583135.jpg
賢太郎(ボーカル)
c0159876_0585762.jpg
アツシさん(ギター・三線)
c0159876_10190.jpg
たくちゃん(ボーカル・ピアニカ)
c0159876_113779.jpg
響子ちゃん(パーカッション・ボーカル)
c0159876_112218.jpg
軍手のサブロー(ベース・くもりメガネ)
c0159876_114897.jpg

もともとはボーカルの賢太郎が友達の友達で、ライブに呼ばれたのがきっかけですが、最初はその・・アマチュアのバンドって、申し訳ないけどちょっとへっぽこを想像してました。
行ってみたらもう、とんでもなかった!あの頃の私に土下座させて謝らせたい。

私は楽器をやる人間ではないので、うまいとか下手とか、コードがどうとかアレンジがどうとか、そう言う事はよくわからないんですが、とにかく、楽しい。気持ちいい。

バンド名のワレンキャとは、徳之島の方言で「悪ガキ」とかそういう意味らしいんですが、ホントにいい具合に悪ノリのふざけっぷりで、見てて気持ちいい。
愉快痛快ワレンキャ君なんです。怪物君のフレーズです。念のため!!

ライブはあっという間に終わってしまいましたが、しばらく飲んでると、アツシさんがギターを取り出して、流しで色々弾いてくれ、それに合わせて他のメンバーも歌ってくれて。
リクエストにも応えてくれて、みんなでワイワイ。すごく贅沢な時間でした。
c0159876_1572680.jpg


音楽に触れてる時、いつも思うこと。

音楽と酒。それさえあれば、どこの誰とか、何してるとか、そんな事どうでもいいんじゃないかと。
ただもう隣にいる人引き込んで一緒に踊って、笑って、それってなんかすごく深い意味があるような。
何かの答えがそこにある気がします。

音楽、お酒、笑顔、人。それから好きな事をやってる人特有のキラキラした顔。
大好物がたくさん揃った、贅沢な夜でした。
胸いっぱいで腹いっぱい。
(あ、ちなみにこのお店、沖縄料理めちゃくちゃおいしいです!
店員さんもとてもいい人たち。行ってみて下さい。→渋谷 しまぶくろ

毎月どこかでライブしてます。
興味ある方、一緒にいきまほ。楽しいですぜ。


ちなみに、奄美ナイトという、奄美の島々出身の、若者唄者がたくさん出るイベントもちょこちょこあります。もちろんワレンキャもでます。
参考までにこちらのブログを。動画も見れます。→matyunagニャッシ
[PR]
by churaphoto | 2010-09-08 02:01


<< アフサパ MANY HAPPY RETU... >>