奈良さん

c0159876_17384646.jpg

独立資金が必要なため、お金がとてもないんですが。
だからといって殺伐とした生活は送りたくない。
なにかしらインプットしながら暮らして行きたいなと思ってたら、
このブログでも何度か登場してる奈良大介さんが、三軒茶屋のカフェohanaで投げ銭ライブをやるとの情報が。
投げ銭なら行けるなーと思ってふらっと行ってきました。
近くに住んでるmatyuを唐突に呼び出してみたりして。大阪から帰って来たばかりなのにすぐに来てくれた。

カメラも持たずに行ったんですが、お店の雰囲気がとても良くて、持ってこなかったことをすぐに後悔。
でもmatyuがcanon 5D MARK2 という素晴らしいカメラを持って来てくれたので、借りて撮りまくりました。
不思議な物で、matyuと同じカメラで同じレンズで、同じ距離で同じ被写体を撮ってるのに、全然違う物になりますね。
私はどうしても、人の顔が赤くなるのが苦手で、色味を落としてしまう。
でもこれじゃせっかくのあたたかいお店の雰囲気が伝わらない・・・。
でもそれが私の持ち味なんだと思うことにします(笑)


ジンベマスター(一般的に「ジャンベ」と呼ばれているアフリカの太鼓。奈良さんのHPを見ると「ジンベ」と書いてあるのでそれに習います。決して玄人ぶってるつもりはありません笑)の奈良さんですが、今回はお店の都合でギターと奄美三味線のみ。
でもまったりできてとても良かったです。
奈良さんも「なんだか家で歌ってるみたいな気分」って照れくさそうに笑ってました。

ライブの途中で、奈良さんが、
「最近、全部のライブを投げ銭にしてて。
 というのも、なんだかチャージ料を取るってことがしっくりこなくなっちゃって。
 投げ銭なら、お金無くても気楽に来れるし、その日のお客さんの評価が、形になってわかるから」って。

実際私も、今日投げ銭じゃ無かったら来れなかった。

チャージ料がしっくりこないってのは、私が「基本給をもらってることに納得がいかない」って理由で独立するのと同じことかな?ってちょっと思ったんですが、よく考えると全然違いますね。
奈良さんと同じようにするなら、私の場合、
「今回のギャラ、出来た写真の評価で決めてもらっていいです」って言うような物で。
そんなこと絶対言えません。30円とか言われたら泣いてしまう。

改めて奈良さんのストイックさに感心。すごい人なのに。子供3人もいるのに。

アフリカの音楽や、奄美民謡、ボブ・マーリィのカバーの他に、オリジナルの曲も沢山歌ってくれました。

オリジナルは環境問題や格差社会などについての曲が多く、考えさせられます。
もちろん、個々の考え方の差はあるから、奈良さんのことはとてもとても尊敬しておりますが、
「奈良さんの言ってることは全部正しい!」とはなりません(笑)それじゃただの宗教だもんね。
歌詞の中には「ん?」って思うこともたまにあるけど、でものほほんと生きている私の毎日の中で、
そういうことを考えるきっかけを与えてくれる奈良さんに感謝。

c0159876_1822171.jpg

c0159876_1823335.jpg
ライブ後の素の奈良さん激写。後ろにいるのはohanaのご主人さん。自然体で素敵な方でした。(こんなボケボケ写真で紹介もなんですが)

そしてライブ後に奈良さんと話してたら、奈良さんが、
「いつか写真展をやるんだったら、オープニングでライブやるよ。」と言ってくれたーー!!!ぬおーーー!!!
こんな私の写真に・・・。涙でます。
いつか奈良さんにライブやってもらえるのに見合うような写真を撮って、展示をしよう。
いや、今年中に絶対やる!!決めた!!
いい目標ができました。

そしてmatyuがその動画も撮れる素晴らしいカメラで、ライブを撮ってくれました。
「てぃんさぐぬ花」フルハイビジョン。
やっぱカメラはキャノンかなー。5Dほしー。

まったりしてて、とてもあたたかいひとときでした。
[PR]
by churaphoto | 2011-02-07 18:08


<< タイムトラベラー 深海の夢 >>