さまになる

c0159876_23202684.jpg
独立間際で、ばたばたしてると言うより、アワアワしてます。

もうなんか、たぶん段取りよくいろいろ準備してたら、今まで独立の準備に使った二日分くらい返してもらえるんじゃないかってくらい、無駄な動きで時間を使ってます。

そんななか、今週末は祖母の法事で成田に帰ります。
祖母の命日は2月1日なんす。
なのにうちの家族は365日アワアワしてるので、段取りが悪く最初は20日になり、
挙げ句今度はお寺の都合で命日から一ヶ月経っての法事です。

一ヶ月もおばあちゃん待たされてねえ・・・。やあねえ。

写真は、去年の夏の新盆のとき。成田山で精進料理を食べました。
なんだか広い部屋に通されて。ふすまも立派な日本画が描かれてました。

光がとてもきれいだったのでうろちょろ撮影。

c0159876_2328588.jpg


この方、何者なのか私はよくわかってませんが、父親が「部長!部長!」と騒いでおりました。(たけしの「ダンカン!」のノリで。)

ふすまの絵のこととか色々説明してくれるんですが、話し方も上手で、父親のめんどくさいからみもうまくかわし、袴姿もとてもなじんでて、なんだか噺家さんのようでした。

背景ともすんなりなじんで、着物も身体にとてもなじんでて、着慣れてるのがわかります。

「さまになる」ってこういうことを言うんだなあと。


それに比べ、今の私のどたばた加減と言ったら。

「ぶざま」ってこういうことをいうんだなあと。


この前カメラマンの友達が、私の手をふと見て、急に失笑し、何かと思ったら、
「その手であのカメラはでかかろう。」と。

そうなんですよ。私、体力も根性も人一倍あるつもりなんですが、おそらく
「さまになってない」んでしょうね。

だいたい編集さんに「何か持ちますよ」とか心配されたり、
初対面の編集さんだとアシスタントと間違われたり。

あと何年。

あと何年写真を撮り続ければ、その姿がさまになるんでしょうか。


ゆっくりゆっくり。撮り続けていこうと思います。
[PR]
by churaphoto | 2011-02-25 23:47


<< 祖母からのプレゼント 何度でも >>