裸の王様

c0159876_21414692.jpg

東京タワー。
地震で先っちょが曲がってしまったそうで。(わかります?)
3.11を忘れないように、危険性がないのなら、そのまま残るといいな。

さっきコンビニ行ったら、もう水がいっぱい売ってました。
買い占めは本当に一瞬で終わるんですね。
それとも供給量が増えたのか。よくわかりませんが。
いろんな意味で理解できません。

たとえば、の話ですけど、ACのCM一つとっても、最初は不謹慎だとかうるさいだとか、
いいがかりにすぎないような苦情が殺到してたのに、誰か一人がおはようウサギが癒されるとか言い出すと、一気に肯定派が増える。

「裸の王様」って絵本の国民みたいだなあ、と思います。(もともとあの話は社会風刺だから当然と言えば当然なんだけど。)

原発問題にしてみても、なんだか「自分の意見」を言ってる人はほんの一握りで、その他の人は、その中からしっくりくる意見を選んで、そこで固まって右や左にワーワーと動いてるように見えてなりません。


自分の言葉で話してる人ってどれくらいいるんだろう。


確かに原発は大きな問題だし、それについて、日本の未来について、考えることはいいことだと思いますけど。

でもなんだか、原発、原発で、被災地の方々が置いてかれてる気がしてなりません。

ただでさえ大事なものを失って喪失感でいっぱいで、世の中のことすべてが他人事にみえるであろうこの時期に、彼らを受け止めるべき私たちが他人事の顔してていいのかな、と思います。

「今こそ日本はかわるべきなんだ!」とか、声高らかに言ってる人もいるけど、
今、この国にそんな余力ねーし。沈静化にいっぱいいっぱいだし。

もちろん私も、原発については勉強してます。思うところはたくさんあります。
でも声をあげるのは、時期尚早なんじゃないのかな、と、思うんですよ。
農作物に被害を受けてる農家の方々とかは別ですよ。そうではなく、原発そのものの行方に対して。


状況がおちついて、被災者の方たちもちゃんと住める場所が出来て、政治に参加できる状況になって、
政府が今後について考えられる状況になった時に、初めて意見を言い合う場が出来ても遅くないんじゃないのかな。だめなの?

あと、自分たちが選んだ政府が期待はずれだったからって、文句だけ言ってるのは、ずいぶんと自分勝手な話じゃないかと。
親に理不尽な文句いってる子供のような印象をうけます。

もうちょっとこう、「男は黙って○○・・・」みたいな、高倉健的な人はいないんだろうか。いても黙ってるから気づかないのか。

高見の見物で政府や東電を批判することが、本当に「今出来ること(やるべきこと)」なんだろうか。
それで何かが変わるんだろうか。

被災者のことを思って泣け、とか、そんなことを言ってるんじゃないですよ。
感傷的になっても意味がないし。
政府を支持しろと言っている訳でもないです。

ただ、「黙ってること」も「今被災地のためにできること」なのでは、と思うんです。
中でも、テレビやその他の情報源から入ってくる言葉をただ並べ替えて、さも「自分の意見」のように
話してる人は特に。

今まで、電気を使いすぎてたと気づくのと同じように、情報過多になってると思う人はいないんだろうか。
[PR]
by churaphoto | 2011-04-02 23:35


<< 取り急ぎ デビューしてました >>