2011/07/08.09 福島県いわき市 2


福島で見てきた事、感じた事を、どう伝えればいいのか、考えあぐねています。
まとまらなくなりそうですが・・・。

c0159876_093750.jpg
福島県いわき市は、海も空もキラキラしてて、とてもすてきな所でした。
港を歩いてると、海風が冷たく、とても気持ちよかった。
今年はもちろん、セシウムのせいで海水浴は禁止です。
私がつい、
「こんなにいいところなのに・・・。」とつぶやくと、純子さんは
「ね。」としか言いませんでした。

c0159876_095810.jpg
田んぼの稲も涼しげになびいてました。
土地がダメになっちゃうから、米は作るけど、出荷前に検査をして、出荷できないようなら
国が買い取るそうです。
放射性物質を作るために、農家の方は汗水たらして働いてる訳じゃないのにね。

c0159876_0101843.jpg

ショッピングセンターの一階にたこ焼き屋さんがあって、私が食べたくなって中をのぞくと、
誰もいない。
あれ?なんてきょろきょろしてると、どこからともなくおばちゃんが現れて、
「はいはい、すぐ作るから、ちょっと待ってね。出来立ての方がおいしいからね。」
と、クーラーの無いところで作ってくれました。
そこから10分くらいのんびり待って、出てきたたこ焼きは中がトロトロで、とても美味しかった。

純子さんの家は昔ながらの作りで、二階に行く階段の傾斜が急だったり、お風呂が台所を通らないと行けない所にあったり。
裏口から家を出ると、隣の家の人と窓越しに目が合っちゃって、話しかけてもらったり。

昔のじぶんちもこうだったなと、なつかしかった。

畳に座ってみんなでご飯を食べて。
私は梅酒を頂いたら、寝不足がたたって目を開けてられなくなり、
初対面のご両親の前で横になって寝てしまう始末。
居心地よすぎてくつろぎすぎました。いつもの事ですが。

お風呂にシャワーは無く、灯油で焚いていると言うお風呂は、
沸かすと「ボーッ」とボイラー室のような大きな音が響いて、かっこよかった。
「シャワー無くてごめんね」と言われたけど、無くても全然困らなかった。

以前純子さんからもらったメールに、いわきの事を、
「自慢できる物なんて海しか無くて、今は津波で何も無くなっちゃったけど・・・」
と書いてありました。
いやいや、自慢できる物、たくさんありますよ。


こんなに素朴で、でもとても大事な物が詰まってて、
しかも誰にも迷惑をかけてないようなシンプルな暮らしを、
ただ守りたいだけと言うのは、叶えられないほどわがままな事なんだろうか。

やっぱりまとまらないけど、また続きます。
[PR]
by churaphoto | 2011-07-15 01:37


<< 実平くん、たくみくん、こうへいくん 2011/07/08.09 福... >>