ナイトクルージング

先週の金土日で、仙台、名古屋、高崎と行ってきました。
群馬では、伊勢崎にいる友達の家に泊まってきましたが、他2箇所は日帰り。

仙台は七夕祭りの前日で、前夜祭で花火があがる日でしたし、色々食べ物もおいしいところだし、
被災地も見たかったんですが、
もうバタバタでそんな余裕無く、朝9時に着いてから何も食べないまま撮りっぱなしで19時で、
でも誰かと話したくて、現地から仙台駅までの帰路を電車ではなくタクシーにして、運転手さんと震災当日の話をずっとしました。

運転手さんの家は高台にあって無事だったけど、中はぐちゃぐちゃで、余震は多いし、
家の中にいられる状態じゃなく、車で二晩過ごしたとおっしゃってました。
「寒かったよ。ほんとに寒かった。ガソリンもないしね」と。

でも、「争いごととか、なかったんですか?」って聞いたら、ニコニコしながら、
「それだけはほんとに無かったよ。泥棒とかもちらほらいたみたいだけど、全部外部の人間だったって。みんな助け合ってた。」と、誇らしげにおっしゃってました。

タクシーを降りるときに、「お元気で」と私が言うと、「ありがとう。あなたもね。」とうれしそうな顔で答えてくれました。
こういう、名前も知らない相手との、「また会おう」とか、「お元気で」とか、そういう挨拶ってとても尊いと思う。

次の日、名古屋。
前日の仙台までの機材担いでの乗り継ぎ乗り継ぎに精根尽き果てた私は、車で行きました。
朝4時出発。静岡長過ぎじゃい。

東名って、御殿場くらいまでしか行ったこと無かったけど、面白いですね。
標高が高いところにあって、高速を囲う高い塀も無いところが多くて、両側の街が見渡せるんです。
帰り、ちょうど高速に乗ったのが19時過ぎくらいで、この日はいたる所で花火大会が行われてたようで、
私の右から左から、前から後ろからいろんな場所で花火が上がってました。

右後方の空にはきれいな半月。
左前方は雷雲。
そしてそこここで見える打ち上げ花火。

fishmansの、「ナイトクルージング」がとてもあう景色でした。



仮眠を取りつつの運転で、帰宅は2時。

群馬ではハルちゃんというかわいい子が待つおうちに泊まりました。その話は次回。
[PR]
by churaphoto | 2011-08-11 22:35


<< はるちゃん 響子ちゃん >>