思い込み

c0159876_00043.jpg

街は工事だらけですね。

なんか原発再稼働とか。アホらしくて涙が出ます。
何が大事な事かくらい、311を経験した人間ならわかるだろう。

でもこの前ネットを見てたら、「原発反対派は頭おかしい。」みたいな投稿をしてる人がいて。
いまだにこんな考えの人がいるんだと思ったらびっくりでしたけど、私が知らないだけで、実際は少なくないんでしょうね。

そしてこの前本屋に行ったら、一番目立つ所に、「TPPはこんなに素晴らしい!」みたいな本が平置きされてました。
櫻井よしこさんが帯で推薦文を出してました。
目に入った瞬間、鼻で笑ってしまったんですけど。
でも、「TPP賛成派」にしてみたら、反対派の意見なんてそれこそ鼻で笑うような事なんでしょう。


私含め、全ての人がそれぞれの「思い込み」で考えています。
思い込みって言葉は変か?何を信じるか、を選んで生きている、というか。
そして自分が正しいと思う事以外を頭ごなしに全否定する人がほとんどで。

でもね、例えばそのTPP賛成の本を読んだら、私も180度考えが変わってしまうかもしれない。無いと思うけど。
(読んでみようかな、とも思っています。でもお金だして買いたくない・・・図書館にあるかしら?)

最近色んな所で、その、個々の「思い込み」ほど、やっかいな物はないなあと切に感じます。(自分も含めて、ですよ)

ジョンレノンの曲「イマジン」の歌詞の中で、「You may say I'm a dreamer」って所は、いままでいまいちピンと来ておらず、なんで?って思ってました。
ジョンの言ってる事はもっともで、こんなに単純明快な事しか言って無いのに、なんで夢想家なの?そんなこと言う人いるの?って。
でも、あの歌詞を「理想論」とすら思わず、「馬鹿げた事」と思う人は実際にいるんですよね。
最近やっと、それを実感しました。

どんな気持ちで、「I hope someday you'll join us」って歌ってたんだろう。


原発再稼働。

悔しいやら悲しいやら寂しいやら。



情けないやら。
[PR]
by churaphoto | 2012-06-12 01:45


<< 味噌 日曜日よりの使者 >>