<   2009年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

眠いんだってば。

金曜日、山のようにある画像処理を、鬼の形相で乱れ打ちして終わらせ、
前の職場の後輩の送別会に参加しました。

当人と私とは実際に一緒に仕事してはいないんですが、今の職場も近所なため
いつも飲み会に誘ってもらって、後輩くんたちにはいつもお世話になってます。
毎度の事ながらうるさすぎて店員に怒られつつ一次会が終わると、
そのままほぼ全員で私の自宅で二次会になりました。

我が家に合計12人。熱気でムンムンです。
すずはみんなにいじり倒され、疲れ果て、今日はひたすら爆睡しています。
c0159876_238262.jpg

眠いんだってば。

私も一睡もせず仕事でした。
眠いんだってば。

でも楽しかった。
皆さん、すず、それから色々お世話してくれたゆうき、お疲れさまでした。
どうもありがとう。
[PR]
by churaphoto | 2009-01-31 23:14

50周年

今日はロケで、東京タワーの目の前にあるお店に行ってきました。

c0159876_1172227.jpg

撮影終了後、みんなで東京タワーの展望台へ。
当たり前の話ですが、東京タワーに上ってしまうと、
東京タワーが見えなくなってつまらないですね。

50周年を迎えた東京タワー。地デジになったら御役御免なんでしょうか?
それともサポート的に意味を成すのかな。
取り壊されたりはしないよね?

まだ出来てないのでこんな事言うのもなんですが、私はきっとスカイツリーより
東京タワー派です。いつまでも現役で頑張って頂きたい。
[PR]
by churaphoto | 2009-01-30 01:31

朝日

毎朝、陽がのぼってくると、すずが出窓に行ってずっと外を眺めてるため、
いつも出窓のカーテンを少し開けたまま寝てるのですが
今朝6時半頃ふと目を覚ますと、部屋の壁が真っ赤で、火事かと思って飛び起きました。

原因は出窓から差し込むこの朝日。

c0159876_0585455.jpg

冬の朝日って、こんなに赤いんですね。

でもそろそろ春霞の空がやってきます。

その前に梅が花開きますね。楽しみです。
[PR]
by churaphoto | 2009-01-27 01:04

赦すということ

久しぶりにちゃんと本を読みました。

c0159876_2356387.jpg

普段は割と暗い、重めの話がすきなんですが、
今回はさらっと読める本が読みたくて、角田光代の「八日目の蝉」。
角田光代の文章は、わかりやすく、とは言っても軽くなく、スッとその世界に入って行けます。
それからなんと言ってもこの人の文章独特の、透明感。

本を読んでるとその著者独特の色がイメージで湧いてくる事が多く、
たとえば司馬遼太郎は、歌舞伎の舞台のような色とりどりの華やかさだったり、
遠藤周作は西日の中にいるような侘しさともどかしさだったりしますが、
角田光代は、一筋の細い、でもとても強い透明な光が見える気がします。

きっと何か信念の様なものを強く持っている人なんでしょうね。

この本も、不倫相手とその妻の間に産まれた子供を誘拐して育てる女の話で、
これだけだとものすごくドロドロの愛憎劇のようですが、
まったくそんないやらしさは無く、夢中で読んでしまいました。

「赦す」
読みおわったあと、その言葉が浮かびました。
許すではなく、赦す。
この違いをどう説明すればいいのか・・。認める、と言う事でしょうか。

自分の生い立ちを、環境を、親を、認める。
そしてそれを受け入れて生きて行く。
それはとても単純な事のようで、
なかなかに難しい事でもあり、
でもそれが出来ればとても楽に生きられるんじゃ無いかと。
そんな風に感じました。

訳わかんないですかね。それとも当たり前の事?
とにかく面白かったですよ。おすすめです。
[PR]
by churaphoto | 2009-01-26 00:18

おめでとう

個人的な話ですが、今朝、友達の愛ちゃんに第二子が生まれました。
この歳になるともう何度も経験してる『友達の出産』ですが、
何度味わっても本当に感慨深いものです。

あいにく仕事で駆けつける事ができなかったのですが、(第一子の時は産声をききました)今日一日とてもあたたかい気持ちでいっぱいでした。

新しい命。これから色んな事が待ってると思いますが、
強くたくましく、幸せに育って欲しいものです。

愛ちゃん、本当におめでとう。それからお疲れさま。

c0159876_03422.jpg

[PR]
by churaphoto | 2009-01-24 22:55

つながり

c0159876_3441890.jpg

頑張っている部分も、怠けている部分も、周囲の人は全部お見通しで、
自分がいくら違うと思っても、他人の評価って正確なんだと感じた一日でありました。

油断禁物です。
[PR]
by churaphoto | 2009-01-24 03:49

帰路

c0159876_21502638.jpg


金曜日、珍しく仕事が早くおわったので、久しぶりに日本橋の辺りまで歩いてみました。

最近休日はすずと引きこもってるせいで、帰路の夜景写真しか撮っていない気がします。
ぱぁっと景色のきれいな所に行きたいもんです。

c0159876_2204492.jpg
<今日のすず>
コンロに突っ込んで来て、左まゆ毛がチリチリですが、避妊手術の傷も回復し、すっかり元気になりました。

[PR]
by churaphoto | 2009-01-18 22:05

ジレンマ

c0159876_025527.jpg

やりたいことや、計画は沢山あるのに、今の自分の立場だと何も実行出来ない。

「正しい事をしたかったら偉くなれ」って、ドラマの台詞にもあったけど、
好きな事をやるためには一人前にならないといけない。

もどかしい毎日。


頑張るしかない。
[PR]
by churaphoto | 2009-01-14 00:28

縦のライン

c0159876_16252947.jpg


今年のお正月休みは元旦の初詣以外、友達に来てもらうばかりでどこにも行かなかった。
毎年、年末は同居人の実家で餅つき&ダラダラ、大晦日から三が日は横浜の友達のうちで
おせちとお雑煮頂いてダラダラしてるのに。

たかが猫一匹。されど猫一匹。
命を育てるって大変だ。

私と同い年で親になってる子たち(なってる子の方が多いけど)
子供はいなくても結婚して、自分の家族を作ってる子たち。
年賀状は年々そんな写真が増えて行く。

幼い頃、家庭を持たない大人の発言に、全てではないけれど、重みを感じない自分がいたのを思い出す。
もちろん大人になってからは、そんな人たちも色んな苦労して生きて来た事はわかるようになった。
それでも、自分のためにする苦労と、家族のためにする苦労では、性質が全く異なるのだろう。
今の私は子供から見たら、「軽い大人」だろう。

結婚、出産が全てでは無いと思う。
むしろ人生何でもアリだとも思う。

それでも、きちんと家庭を持って、親から子へと縦のラインを作り、
それを守る為に生きる大人が、私は一番かっこいいと、常々思っている。
[PR]
by churaphoto | 2009-01-06 17:19

開店休業

c0159876_13552916.jpg

たまにゃーわんこの写真を。友達の家の猟犬です。
だいぶ前ですが、山梨に猟に連れてってもらったときの写真。
かっこええなあ。


世間一般じゃー、今日が仕事始めの所が多いと思いますが、
うちはボスが「ついうっかり」4、5、6でスキー旅行に行ってしまったため、
明日までお休みです。ラッキー。チャチャチャ。

正月早々、肌が荒れています。
というのも、すずが元旦から、よりにもよって動物病院があいていない元旦から、
発情期に入りまして。
猫は夜行性なので、主に夜になると騒ぎだします。(昼も鳴きますが)
うちはマンションなので、鳴かせまいと、毎夜格闘しておりました。

まずケンカ。
「あお〜ん」
「うるさい!!公園戻すよ!!!(←ひどい)」
「・・・ぎゃお〜ん!!」

そんな自分を反省し、遊んでみたり。撫でてみたり。
それでもやっぱり落ち着かず、部屋を行ったり来たり。
イライラするんだろうなあ。訳わかんない初めての衝動で不安だろうなあ。

鳴き止まなくて困り果てた私は、なぜかお出かけ用のかごにすずを入れてみました。
そうすると不安げに小さく鳴くものの、発情期の声は出さず・・。
そのままかごを抱きかかえて寝てしまいました。

4日は友達がすずを見に来る予定でしたが、朝から鳴きっぱなし。
もう、梅図かずおの漫画に出てくる叫び声の様な感じ。「ぎゃああああ!!!」
マンションの人からの苦情よりも、子供を虐待してるとか、そんな風に勘違いされて警察に通報されるんじゃないかと、そっちにヒヤヒヤしました。

仕方なく、本日は開店休業。友達には当日キャンセルという申し訳ない事態になってしまいました。ごめんね・・・。

いつも行ってる病院は正月休みで連絡がつかないため、大きな病院に電話をしたら、
5日に手術出来るとの事。
早速連れて行くと、前の病院で「推定4ヶ月」のはずのすずは、
「歯が全部永久歯なので、少なくとも半年は経ってるでしょう。多分8ヶ月くらい」と。

避妊手術は半年くらい経たないと出来ないと言われて待っていたが故のこの事態。
どーしてくれよう。

そんなこんなで、無事に手術を終えて帰って参りましたおすずはん。
傷口をガードするため、腹巻きみたいなものを着せられています。
そしてまだ麻酔が抜けきっていないため、
ブリキのおもちゃみたいにぎくしゃくふらふら歩くその姿は、
どう見ても昭和の下町にいる酔っぱらい。
笑っちゃいけないと思いつつも、笑ってしまいました。
c0159876_18552761.jpg

部屋に入ると少し様子を伺ったあと、気絶するように寝てしまいました。
お疲れちゃん。
[PR]
by churaphoto | 2009-01-05 18:39