<   2010年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

井上雄彦とブルーハーツ

c0159876_19185990.jpg

すずちん。
起きてる時は少しもじっとしてないので、なかなか写真が撮れません。
この時もこの直後にダッシュ!
かといって寝てる写真はねえ・・・。これだからねぇ・・・。

ところで。
井上雄彦著、「リアル」10巻が発売しました。
「スラムダンク」の作者の漫画。
c0159876_19311458.gif

この人はホントに、誰がなんと言おうと天才だと思う。そして芸術家。

描写にスピード感があって、潔くて。サムライソウルを感じます。そして性格もとてもいいんだろうなと。
なんだか辛気くさくて、しみったれてて、自己満足で長ったらしく描いて、引っ張るだけ引っ張った後、尻つぼみでおわる、浦沢直樹とは大違いだ。
(PLUTOは最後まで読みましたが、最終回読んだ瞬間に全巻売り飛ばしました。がっかりとはあのことだ。)

最近気づいたんですけど、井上雄彦の漫画を読んでる時の感覚が、ブルーハーツを聴いてる時の感覚に似てる気がします。

ドキドキして、わくわくして。
世の中に腐る程ある、現実を見てないきれいごとの応援ソングとは全然違って、
生きていれば遭遇するいろんな辛いことやジレンマをちゃんと受け止めながら、それでも、

「生きているのが 素晴らしすぎる」

と思う。そんな高揚感。

自分の中の血の流れを感じられるような躍動感。

「リアル」はテーマがとても重いので、さすがに軽々しく
「生きているのが 素晴らしすぎる」とは言えませんが、それでも、もがいてあがいて生き抜こうとする主人公たちに心から拍手を送りたくなる。

この人の漫画を読んでると、男の子に生まれたかったなっておもう。
純粋で、熱くて、計算無く好きなことにひたむきで。

1年に1巻しか出ませんが、私の楽しみです。
[PR]
by churaphoto | 2010-11-29 19:58

生と死と手紙

c0159876_14273025.jpg

昨日は数年前に亡くなった祖父の誕生日。そして今日は命日です。
お人好しで、人の事しか考えてなかったおじいちゃん。
わがままを言ったり、悪態をついているのを見たことがありませんでした。
ずっと忙しくしてて、仕事を辞めたとたんにボケてしまったおじいちゃん。
やっと好きな絵を描きながらゆっくり出来るはずだったのにね。
でもみんなに必要とされて、幸せな人生だったと思います。


昨日、家に帰ったらポストにハガキが3通。
一通は熊本から、一通は群馬から、そしてもう一通は目黒から。

目黒の子は、一度だけ一緒に飲んだことのあるフリーのカメラマンの女の子で、
あるお店に自分の写真が飾られることになったから見に来てほしいと。
一緒に飲んだ次の日、
「知らない人ばかりで気後れしてたときに、churaさんが輪に入れてくれて、ホントにうれしかった。」
とメールをもらってたのに、今回のハガキにもまた同じことが書いてありました。
何の気なしに取った行動でしたが、相手にしてみればとても嬉しいことだったんだなと、
なんだか幸せな気分になりました。


そして、熊本からは悲しいおしらせ。
お子さんが亡くなってしまったと。
私が最後にあったときは、まだお母さんのおなかにいた子。
まだ1歳でした。
長男君は名前に「耕」という字が入ってて、今回亡くなってしまった次男君の名前には「咲」という字が入ってました。
畑を耕して、花が咲いて。三番目の子にはきっと「実」という字をつけるつもりだったんでしょう。
生命感溢れる名前を授かった子なのに。

かける言葉が見つかりません。
最近多い、幼児の突然死。
五体満足で生まれて、たいした怪我や病気もせずにこの年まで楽しく生きてこられたのが奇跡に思えます。

つい3日前にも、10年来の友達が第二子を出産とのうれしいメール。
どうか健やかに育ってくれます様に。祈らずにはいられません。


そして、群馬の子は、特にたいした用事がある訳ではなく、
とりとめのないことを書いたハガキをおくってくれました。
こういうのってとても嬉しい。

あたたかい手紙。

「日常」が続くこと。

もう数年会っていないけど続く関係。

簡単なことじゃない。

一度あっただけでも切れないつながり。
数時間一緒にいただけの人のことで喜んだり、悲しんだり。

人のつながりほど尊く、心を豊かにしてくれるものはないように思う。

そしてそれをつないでくれる手紙。
時代は変わろうと、大切な存在。
[PR]
by churaphoto | 2010-11-25 15:04

言ってみるもんだ

昨日、ブログで「ダウンタウンの「やすしくん」ってコントでまっちゃんが歌ってる曲の着メロが欲しい」と書いたら、和歌山に住む友達がメールで教えてくれました!!

キダ・タロー先生の「プロポーズ大作戦」でした。
やっさんが司会してる番組のテーマ曲だったのね。
メール来て早速検索したら一番最初に着メロのサイトが出て来て、さっそくダウンロードできました(笑)


教えてくれてありがとう!!!!
今、あなたに対してこんな気持ちです↓
c0159876_22181697.jpg
ありがとう・・・。

和歌山に足向けて寝られへんわ。
[PR]
by churaphoto | 2010-11-23 22:21

着メロ

c0159876_234225.jpg
カメ吉。いとしい。
この写真を載せたくて、でもなにもエピソードが無いので、
「もしもし亀よ」の「もしもし」にちなんで電話の話でも。

携帯の「着ウタ」というものがきらいです。
なのでずっと電話の着信は普通の着信音。
メールはここ数年ずっと、アップル社のCMの最後に流れる音だったんですけど。
iPhoneが普及しだしたら、iPhoneに元から入ってるオリジナルのメロディがそれらしくて、
周りでよく耳にするようになってしまい、私auなのになんだかiPhoneぶってる人みたいになって、
さすがに恥ずかしくて変えたい。

そんで何にしようかな〜と考えてて、「moon river」が単音のコロコロした音で流れたらかわいいんじゃないかと思いつく。(↓この動画でオードリー・ヘップバーンが歌ってる出だしのとこ。)
この曲、今初めて知ったけどティファニーで朝食をのメインテーマなんですね。
つーか何、いまこんなにきれいなカラーで見られるの??

で、この前「moon river 着メロ」で検索して一番最初に出てきたド○ンゴに入会して
ダウンロードしてみるも、なんか変なボヨンボヨンした電子音で、イラッとして即消去&退会。
日本のこういう業界のセンスのなさに軽くがっかりです。

なんかいいのないかなー。なんかあったら教えてください。(曲もサイトも)

でもほんとは、ダウンタウンのコントの「やすしくん」でいつも出てくるメロディが欲しい。

このコントでまっちゃんが「つかれ〜たやすし♪」って歌ってるやつ。
ちゃんと管楽器で曲にすると結構いいんです。

でもこの曲の元ネタがわからない。前から結構調べてるんだけど何を調べても出てこない。
このコントでの創作なのかしら?


よこが〜おやすし♪うしろ〜のやすし♪


ねます。
[PR]
by churaphoto | 2010-11-22 22:33

daydream

c0159876_1215436.jpg

もう少しだけ、夢の中にいたい。(撮影/オーハタ


昨夜、とても楽しい夢を見ました。
場所はよくわからないけど、とてもきれいな海で水上スキーをやってた。
登場人物は誰一人として現実の知人ではなかったけど、
黒人の子とかとも仲良さげにしてて、先生らしき人もいて、どうやらクラスのアクティビティのよう。

見たことないきれいな場所で見たことない楽しげな人たちと、やったことない遊びでリアルに遊んでました。
目が覚めたとき、もう一回眠りたかった。

私は夢を良く見る。怖い夢も楽しい夢も。
何度も同じ夢を見ることもあって、そこに必ず出てくる人がいるんだけど、現実には知らない人。
いつか会えるんでしょうか。




そしてぜんぜん関係ないけど、この前、金色の夕陽を見てたら、ふと思い出した曲。

この歌、多分リアルタイムとしては小学生くらいのときだと思うし、
テープもCDも持ってた訳では無いのですが、妙に記憶に残っています。
子どもながらに久保田の歌のうまさに驚愕したもんです。
昔テレビで見た時、観客の女の子が一人、立ってられないくらいに号泣してたのが今でも忘れられない。
[PR]
by churaphoto | 2010-11-21 12:17

秋キャンプーーー!!

c0159876_20473352.jpg

風邪引いたのとフィルムで撮ったのとでだいぶみんなから遅れを取っておりますが、
キャンプ行ってきました。

もー、めっちゃくちゃたのしかったーーー!!!
そりゃはしゃぎ過ぎで熱も出すっつーの。
まずは、おじーが動画を編集してくれたのでそちらから。
とても素敵に仕上げてくれています。
私の服のレイヤーっぷりが半端無いですがお気になさらず・・・。

最後の、ぐだぐだな記念撮影が好き。サザエさんちみたいで。


前の職場の仲間で、みんなカメラマン、もしくはカメラマン志望。
フリスビーとかもやったけど、たいていみんな何か食べてるか写真撮ってました。

写真撮り合いっこ(っていうのか?そんなかわいらしい表現が似合う物ではないけど)したり、
人物カメラマンの真似事したり、カメラ交換したり。

みんなを見てると、やっぱり自分とは撮ろうとする着眼点が違ってて面白かった。
写真の勉強にもなったキャンプでした。
c0159876_219443.jpg
c0159876_2191811.jpg
二日酔いおじー。(上2枚はlin君撮影)
c0159876_21933100.jpg
c0159876_21124744.jpg
c0159876_2113338.jpg
途中で見つけたパン屋さん。ハチがいて、私の首に止まり、死ぬかと思いました。オーハタが取ってくれた。
c0159876_21184032.jpg

c0159876_21181655.jpg
ジャグリングlinくん
c0159876_21162138.jpg
オーハタがんばる
c0159876_21204686.jpg
オーハタ、タンドリーチキンの下ごしらえ中


そしてなんといっても、外でみんなで食べる食事はうまい!!

私がほぼ寝ずに煮込んで(そんなことしてるから熱出すんだよ、と思ったそこのあなた。その通りだ。)持ってったモツ煮も、その場で適当に作った黄色くないパエリアも、
上出来でした!喜んでもらえて嬉しかったな。

そしてオーハタが作ってくれたタンドリーチキンも、実家から持って来てくれた大畑農場の無農薬野菜のバーベキューも、めちゃくちゃおいしかった!!
朝ご飯にその野菜入れて作ってくれたクリームシチューも、ホットサンドも、煎るところから始めたコーヒーもとにかくおいしくて。

c0159876_2127570.jpg
油舞い散るタンドリーチキン
c0159876_2128483.jpg

c0159876_21281894.jpg
たまには自分の写真もね。梅酒のお湯割りがうれしい。
c0159876_21302712.jpg
c0159876_21305116.jpg
コーヒー豆を煎るために試行錯誤してる二人・・・。
c0159876_21325432.jpg

バーベキューする台を部屋に持ち込んで、つまみながらトランプやったり、とりとめなく話したり。
音楽を聴きながら、心地よい時間が過ぎて行く。
c0159876_21383329.jpg
白熱ジジ抜き。
c0159876_213993.jpg

私は寝不足で途中ちょっと寝ちゃったりして。みんなの声が気持ちよかった。
c0159876_21423719.jpg

顔を洗いに外に出ると、おぼろ月夜でした。絵本の世界。

「満天星屑キャビン」でしたが、残念ながら曇り空で星は見えず、代わりに部屋に煙が充満して煙いのなんの。
linくんがずっと、「目がしょぼしょぼする」としょぼしょぼした顔でしょぼしょぼぼやいてました。

でもそんなことすらなんだか愛しい。


c0159876_220239.jpg
そして、朝。
c0159876_2204239.jpg
二度寝おじー。
c0159876_2215224.jpg
ポイ?っていうの?で遊んでるオーハタ。(逆光で撮って!!儚げに!!と指定され撮影。)
c0159876_2232819.jpg
ともひこと写真合戦(オーハタのブログにこの様子を撮った写真が載ってます。後ほどご案内)
c0159876_2275630.jpg
朝ご飯。
c0159876_2285536.jpg
昨日男の子たちが頑張ってくれてたコーヒーも上手に作れました。。
c0159876_2282638.jpg
オーハタがたくさん作ってくれた、ホットサンド用のスパム。
c0159876_2294437.jpg
カヘオレ。んまかった。
c0159876_22101759.jpg
おじー起きる。
c0159876_22151371.jpg
ipodいっぱい。
c0159876_22175410.jpg
ぐだぐだ記念撮影の始まりです。
c0159876_22202412.jpg
キャンプ場を後に。これから草津に行って温泉!!
c0159876_22213333.jpg

c0159876_22222589.jpg
温泉のあと、おいしいそば屋を探してうろうろ・・。
c0159876_2226165.jpg
ピンぼけ干し柿。愛し。
c0159876_22404819.jpg
旅の終わり。もうフィルムカメラでは暗くて撮れません。「昨日に戻りたいね」なんて話してた頃。



旅は終わってしまいました。


いつも仕事では、トータルで20キロはあろう機材をえっちらおっちら担いで、私なんて背がちっちゃいから
編集さんとか心配して持ってくれようとしちゃったりして、慌てて「平気です!!」とか言って突っぱねたりしながらも、気が弱ってるときとかその重さだけで泣きそうになったり(よっぽど落ちてるとき、ですよ。)してる毎日の中で、
キャンプ場では、分担を決めた訳でもなく、女の子は料理をして、男の子は火をくべたり、水や重い物を運んだり。
自然の中では昔ながらのあるべき姿になるんだなあと、そんな大げさなことじゃ無いのかもしれないけど妙にしみじみしてました。(考え過ぎ?)
自然体が一番ですね。

いつかは晴耕雨読な生活がしたいもんです。

今回はキャビンでガスコンロだったけど、いつか、もう木の枝からお箸を作るくらいの、サバイバルキャンプやってみたい!!

それまですこしづつ行って、慣れてこ。


また行こうねー皆さん。

それではキャスト紹介。(それぞれのブログにもキャンプの様子のってます!)
c0159876_22583088.jpg
ともひこ。
口数少ないくせに、いったん口を開くと全部持ってくニクいやつ。ほっこりします。
c0159876_22593168.jpg
おじー。(ブログあり)
くされ縁で、今の事務所でも後輩。いつも公私ともに助けてもらってます。たまに涙出るくらいいいやつ。たまにね。
c0159876_2344211.jpg
オーハタ。(ブログあり)
めんどくさいんだけどいないと寂しい。お世話してやってるようでじつはお世話してもらってることのが多い。今回もたくさんお世話になりました。
c0159876_2381621.jpg
そして真打ち、lin君。(ブログあり)(linくんのいい写真がなくて、オーハタの写真から拝借。でも撮ったのは私なのデス。)
今回のキャンプの企画から予約から物資調達までほとんどやってくれました。ありがとう。
フワワワ〜って感じです(笑)
でも多才で経験豊富で物知り。話してて楽しい。もうすぐ一児の父。しっかり働けよ。


すんげ〜ながくなった〜!!最後まで見てくれた方、いるんでしょうか?

でもたのしかったからいいか。

そんなこんなで、みなさんおせわになりました!
ぜったいまた行く!!
[PR]
by churaphoto | 2010-11-19 21:46

熟睡中

c0159876_23264889.jpg

c0159876_23264833.jpg

すずもバースも熟睡中。

キミタチ幸せかい。
[PR]
by churaphoto | 2010-11-18 23:26

お陰さまで

c0159876_22444317.jpg

熱下がりましたー!ヒャッホーイ☆


お見舞いコメント、メール、電話、どうもありがとうございました。


ネコどももわかるのか、遊べと暴れまくっております。なんてかわいらしい。


みなさんも気を付けてね!
[PR]
by churaphoto | 2010-11-17 22:44

久々に

ド派手に風邪をひきました。

今、少し落ち着いたので体温計出して計ってみたら38.7℃。

って事はさっきまでどのくらいあったんだ?

体の奥から、寒気が下から上に、炭酸の泡みたいに体外に放出?されてる感じ。

猫たちもわかるのか大人しい。


幸いにも明日は仕事お休み。

また寝ます。おやすみなさい。



ポ、ポカリ飲みたい。
[PR]
by churaphoto | 2010-11-16 23:42

志村なふたり

c0159876_199314.jpg


最近独り言と、眉間のしわの刻まれっぷりが尋常じゃないです。もうね、渓谷。渓谷on my face.

ここ数日、友達が入れ替わり立ち替わり泊まりに来てたんですけど。

さあ寝ようって電気を消して、布団に入って、お互い仰向けになった状態での会話って、
なんであんなに楽しいんでしょうね。

すごいくだらないことでもなんか笑える。
顔が見えないから気が緩むのかなあ。

この前は、なんだか会話がままならず、お互い「え?」みたいになって、
志村みたいに二人で「んあ?」って言い合って、それだけで苦情来そうな高笑い。


つげ義春原作の、「リアリズムの宿」って映画を思い出しました。
この映画、全く山場もなく、とにかく淡々と進み、
「あー、そういうことあるよねー」とクスッと笑うシーンがひたすら続いて終わるんですけど。
初対面で「旅はみちづれ」となった冴えない男二人が、初めてお互い気を許して心から笑うシーンが、
おんぼろ民宿の汚い布団で、仰向けで寝てる時で。
その、心の壁の取れ方が、すごくリアルでした。


この映画、本当の主題歌はくるりの「家出娘」なんですが、それではなくて「宿はなし」を、しかも二階堂和美のカバーでくっつけてる動画があって、でもそれが妙にしっくり来たので載せます。




夢うつつの中、ぼんやりと見える天井に向かって、相手の顔を無意識に頭に浮かべながら話す、
あのほんわかした空気がとても好き。


明日から軽井沢キャンプです。満天星屑キャビンに泊まります。屋根が無いんだって!!部屋でたき火が出来るんだって!!

楽しみ楽しみ。
みんなで寝袋にくるまって、みの虫みたいになって星空を見ながらの会話はどんなだろう。


寒いだろうから、豚汁かモツ煮を作ろうと思ってたら、一緒に行く子はタンドリーチキンを作るそうな。
この生活臭の違いは何でしょうか。

行ってきます。
[PR]
by churaphoto | 2010-11-12 19:39