<   2011年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

たま

一昨日これ観てきました。
「たまの映画」


予想外に満員。そして予想以上に面白かった。

たまが流行った頃は私はまだ小さくて、「へんな人たち」って感じだった。
でもなんだかずっとあの曲(さよなら人類)は心のどこかに引っかかってた。

映画館で観てよかった。
知久さんの声と音がすばらしくて、涙が出ました。


「さよなら人類」でメインボーカルだった柳原さんは出てなかったんだけど、それ以外の3人、
みんなとてもいいことを言ってて、それぞれのリアリティのある言葉が
これから独立しようとしてる私の心にサプリメントの様にやわらかく浸透して行きました。

見終わった後、「よし、やってやる!」っていう浮き足立った興奮ではなく、
「一歩一歩、焦らずゆっくり歩いて行こう」っていう、そのためのしっかりした地盤が心に出来た感じ。
安易ですか。こんな映画一個で出来るもんではないですね。
でも心境的にはそんな感じです。

面白かったのは、それぞれ共通のテーマに「死」があるようだと言っていたこと。

そしてみんな好きなことやってるんだけど、
「今が楽しければそれでいい」っていう感じではなく、
遠くにあるのか近くにあるのかわからない「死」というものを見つめながら、
「今」を踏みしめてるのかなと。

意味分かんないですかね。

結局は同じことなのかもしれないけど、
「どうせいつか死ぬんだから楽しく生きればいいじゃん」って感じではなくて、
「いつか死ぬときに笑って死にたいから、やりたいことしかやらない」って言う感じ。

意味分かんないですかね。


とにかくなんか、強い信念を感じました。


「やりたいことだけ。あと何年生きるのかはわからないけど、
 とにかくなるべくやりたいことだけ、やって生きて行く。」


とりあえず知久さんにはまりました。
不安定そうで、でも実はとても根の深い安定した声。人柄そのものです。
下北や吉祥寺とかでライブしてるんですね。チャリで行ける!行こ!

それから知久さんと石川さんもいるパスカルズも最高でした!絶対見に行く!!

[PR]
by churaphoto | 2011-01-28 21:42

正解

昨日の問題の答え。
c0159876_19133816.jpg
バースでした。

でも蟹江敬三も正解
c0159876_19165231.jpg
c0159876_1917166.jpg
似てる。

ちなみにすずはこれです。c0159876_1918144.jpg
超逆富士額そして昔は一つだった大陸が地震でだんだんと分かれて今の地球なんだよ、的な模様。
もう部屋も真っ暗にして、布団の中もぐって熟睡してたところへの突然のフラッシュに怒って携帯に向かって猫パンチしようとしてるものの寝ぼけててリーチ足らず。

なので正解者はmatyuさんでした。おめでとう!!あなたには私の留守中の猫の世話と言う賞品を!!


※このブログは、写真で生計を立ててる人間による写真ブログです。
[PR]
by churaphoto | 2011-01-27 19:25

突然ですが

ここで問題です。
c0159876_17295316.jpg
これは誰でしょう?
1.すず
2.バース
3.蟹江敬三

正解は次回!!
[PR]
by churaphoto | 2011-01-26 17:31

緋寒桜

c0159876_20492588.jpg
まだまだ寒いけど、沖縄ではもう桜まつりをしてるようです。

日本一早く咲く桜。緋寒桜(ヒカンザクラ)という種類。

これは去年のちょうど今頃、沖縄で撮った写真。まだ1分咲きくらいでした。

春はすぐそこまで来てますね。

まずは梅が楽しみだ!!
[PR]
by churaphoto | 2011-01-24 20:55

独立宣言

c0159876_19441222.jpg
今日は暇だったので作品撮り。

以前にちらっとお伝えしましたが、2月いっぱいで今の事務所を出て独立することになりました。
あと一ヶ月しか無いんですね。少し慌てないと。

独立の理由はまあいろいろありますが、一番の理由としては、基本給をもらってる自分に納得ができなかった。
ぬるま湯つかり過ぎです。
いや、事務所に所属して基本給もらってるカメラマンはたくさんいるし、その人を批判するつもりは全くありません。
でも、私は、「カメラマン」って名乗ってる以上、自分の写真だけで稼いだお金で暮らして行きたいと思った。
実際暮らして行けるかは別問題として(笑)

あとはもっと、自分の好きな分野の写真を撮って行きたいと思ったから。

私の師匠の主な仕事先は雑誌、広告で、内容は料理や化粧品。
なのでなんとなく私もそういう分野でしかやっちゃ行けないのかなと思ってました。
師匠も、なんとなくですが、私にそういう雑誌で仕事してほしそうでした。


でも前に、師匠のつながりからお仕事を頂いてる雑誌の編集さんと撮影をしたときに、私が
「編集さんが『この人に仕事を頼もう』って思う、決め手になる物って何ですか」
と伺うと、
「ん〜まあいろいろあるけど、長谷川さんの写真は、とにかく優しくて柔らかいから、そういうページにしたいときにお願いしてる。・・・けど、多分長谷川さんの写真ってそもそも、うちの雑誌向きじゃないのかもって思ったりもする。
自然光でやわらか〜く撮るような、ナチュラル系の雑誌のが合ってる気がする」
と言われました・・・。

あ。バレとる。

その仕事はストロボでちゃんと撮ってるのに〜。バレとる!!

そうなんです。私、作り込む写真苦手なんですよう・・・。
もっとね、そのままを撮りたい。

リアルな世界を写したいし、素の人を撮りたい。自然の光を撮りたい。

「事実は小説より奇なり」って言うけど、まさにそうで、現実世界の方がよっぽどドラマチックじゃないかと思うんです。

なので、そういう媒体に進出して行きたいと思うんです。

狙うは旅雑誌、それから職人系!
東京にいれば聞いたことも無いような地方で、その文化や自然を守ってる人たち。
陶芸や着物など、伝統工芸を受け継ぐ人たち。
すごいローカルな個人経営の年季の入ったお店を守る人たち。

それから東京で、地元の味や文化を広げようとしてる人たち。
そういう人や場所を、撮れたらと思います。

頑張る。

誰かいい被写体がいたら紹介してください。
農家、漁師、なんでも来いです。

文章と写真がリンクしてませんがお気になさらず・・・。笑
[PR]
by churaphoto | 2011-01-20 20:47

美の壷

c0159876_2024164.jpg
昨年末、久しぶりに親に会った時に、これを買ってもらっちゃいました。

美の壷
NHKでやってる番組を書籍化したものです。
もーねー、私こういう本ってテンションあがりまくるんですよー。やるなNHK。

私が選んだのはこの6冊
・魯山人の器
・銭湯
・文房具
・千代紙
・クラシックカメラ
・花火

ほかにも、「伊万里焼」やら「帽子」やら「木の椅子」「切手」やらたくさん。
これでもすっっっごい悩んで悩んで、より抜いたんです。

まだ全部読み終わってはいませんが、本の構成もとても面白い。(番組と同じなんでしょうが・・。実は番組は見たことが無いと言うか知らなかった)

「一のツボ」「二のツボ」「三のツボ」に分かれていて、
例えば「銭湯」なら、
「一のツボ」で建物が宮造りになったいきさつ、
「二のツボ」で壁に富士山が描かれてる理由、
「三のツボ」で現存する面白銭湯や銭湯の楽しみ方など。

それらにとことん日本人の人情味があふれてて、読んでてほんわかします。まさにツボなんですよ。

ところどころに余談も散りばめてあって。
その中で私が好きな話をひとつ↓

江戸っ子は熱い風呂が好きだと言われてますが、別に好き好んで入っていた訳じゃなかったそうです。
ただ、江戸の銭湯は客が勝手に湯を埋めることが出来なかったそうで、
銭湯の人に「ぬるくしてくれ」と頼まなければならなかった。
そんなこと言うのは‘粋’ではないと。
そんなことを言うくらいなら熱いのを我慢した方がましだと。
そしてつらいのを周りに悟られるのも‘粋’ではないと。
結果「っか〜!!風呂はやっぱり熱いのに限るねぃ」と・・・・。

・・・・・。

このかっこよさがわかるかバカヤロウ。
私はやせ我慢をしてでも、自分の美徳を貫こうとするバカな男がたまらなく好きだ。たまらなく愛しい。

そんなこんなで。こんなマニアな内容をここまで読んでくれた人がいるか疑問ですが。
読んでくれてたとしても目が点になってる様子が液晶越しに見えるようですが。

とにかくわたしのツボなんです。
それから鈴木心さんが撮っている写真もとても素敵です。

興味ある方、ご覧あれ。


あ、ちなみに私の親がこういう本しか買ってくれない教育ママなわけではありません。
漫画だろうとなんだろうと買ってくれます。これは完全に私の趣味です。

[PR]
by churaphoto | 2011-01-18 21:13

先生あのね

c0159876_1944631.jpg

しゃしんをじょうずにとれるひとになりたいです。
                 1ねん3くみ ちゅら



    今はなんだか無垢な子供のような気持ちで、ただ写真のことだけ考えてる自分がいる。





一歩一歩がんばりましょう!!ゆめはかないます!
                  長谷川先生より
[PR]
by churaphoto | 2011-01-17 19:48

清志郎を撮る

c0159876_22394862.jpg
これ買っちゃいました☆
忌野清志郎写真集 BOYFRIEND 
撮影 おおくぼひさこ
コトバ 仲井戸麗市


素敵すぎです。表紙は「芥川龍之介な清志郎」和服似合い過ぎです。

中身も撮って載せたいんだけど〜〜みんなに超見て欲しいんだけど〜〜。
それって違法?違法なの?複写は違法でも普通に撮るのはいいの?よくわからんです。

著作権だーなんだーかんだーといろいろ言われておりますが、
私としては勝手に使われて利益にならないことよりも、
名作が世間に広まる可能性をつぶす方が恐れるべきなんではないかと思うんですよ。
そんなちいせぇこと言ってっから景気よくなんないんだよ。
それを営利目的に使うなら別問題ですけど。あれ。アホ発言かしら。
独立したら心境も変わるのかな。
でも清志郎は、自分のライブを好きに録音していいよ、と言ってたらしいですよ。(昔ね)

撮影したおおくぼひさこさんというのは写真家であり、
清志郎の盟友CHABOの奥さんでもあります。
すんごいきれーなトーンの写真が多くて、見とれてしまいます。
モノクロのグレーがね、ほんっとに柔らかいんですよ。
カラーも、清志郎がサイケデリックな化粧をしてようと、ド派手な衣装を着てようと、全部キレーに色が出てる。そして決してくどくない。

おおくぼさんは、清志郎のことをこの本で
「とても静かな印象の人で、撮影する時も、どんなに派手な服を着ててもとにかく静かな印象だった」
と書いてますが、きっとおおくぼさんも負けず劣らず、穏やかで静の人間なのではないかと。

一枚ね、「清志郎のこんな写真撮れたら、もう写真家人生悔いはないんじゃないだろうか」って思えるほど素敵な写真があって。

でもきっと、本物の清志郎を眼前にしてるおおくぼさんにとったら、撮っても撮っても納得できなかったことでしょう。こんなんじゃないこんなんじゃないって、あがいてたんじゃないだろうか。(勝手な想像ですけど)
私なんてこの写真集を撮ることすら納得した写真が撮れないのに。


しかし、清志郎、絵になります。
何でしょうね。この透明感。そして存在感。
一緒に写ってるCHABOの方が男前な顔なのに(私の好みは断然清志郎ですけど)どうしても清志郎に目がいく。
「華」ってやつなんでしょうなあ。

前に北野武が、「座頭市」の映画のインタビューで、浅野忠信のことを、
「アップで5秒、静止した状態で撮り続けて、画面に持ちこたえる俳優はそうそういない。いい俳優はいい。」みたいなことを言ってましたが、それに通じる物を清志郎にも感じます。


それにしても・・今更ですけど・・死ななくていいじゃんよー。
[PR]
by churaphoto | 2011-01-16 23:12

smile!

c0159876_18112164.jpg
c0159876_18122533.jpg
c0159876_1812096.jpg
c0159876_18115084.jpg
c0159876_1814284.jpg
c0159876_18141987.jpg
c0159876_1814312.jpg
c0159876_18134759.jpg
c0159876_18132976.jpg
c0159876_18131977.jpg
c0159876_1813880.jpg
c0159876_18125160.jpg
c0159876_18561949.jpg
c0159876_1817352.jpg
c0159876_1816674.jpg
c0159876_18172018.jpg
c0159876_1817358.jpg
c0159876_18165383.jpg
c0159876_1816347.jpg
c0159876_18162674.jpg
c0159876_18442675.jpg
c0159876_18161567.jpg

去年の今頃〜4月くらいの写真ですけど。
写真の整理してたら、溢れんばかりの笑顔に圧倒されて、自分で撮った写真に元気をもらったので。
みなさんにもおすそわけ。

千葉県は松戸にある、沖縄料理 若夏の常連客たち。
一番下はマスター(おっとぉ、と呼ばれています。)その上は奥さん(おっかぁ)
民族衣装みたいなのを着てるのは、このお店でエイサー隊と言う、沖縄の伝統的な太鼓を使った演舞活動をしてます。ど迫力ですよ。

今日もライブだ!そろそろ始まるかな。みんな頑張ってるかな。
引っ越してからめっきり行けないけど、いつも元気をもらいます。

人間、笑顔が一番!笑うという行為は人間にしか出来ない貴重なもの。
何があっても、とりあえず笑っとけ!!
[PR]
by churaphoto | 2011-01-14 18:51

家族の風景

c0159876_11144394.jpg

独立話はまた今度にして・・・年末の話でも。

12月30日、毎年恒例の餅つきに参加するため、成田に帰りました。
・・・と、言っても、これは私の家族ではないんだな。
幼なじみで、去年まで一緒にくらしてた、ゆうきのおじいちゃんちでの恒例行事です。

今年はなんと、ゆうきは仕事で不参加(笑)なのに私は当たり前のように参加。妹夫婦に駅まで迎えに来てもらう図々しさ。
ま、ゆうきいなくてもゆうきの実家に一週間ぐらい泊まってた時もあったので(笑)
「ファミリー」として迎え入れてくれます。

上の写真は、左からゆうきのばーちゃん、じーちゃん、それからゆうきのおねえさんの旦那さんのご両親。(このご両親と私は、以前少しだけ習った、津軽三味線教室の仲間でもあります。久しぶりの再会。)
c0159876_11214697.jpg
今回は私、薪割りに挑戦。へたくそなのはまだ最初だからです。最後は上手になって、調子に乗って細かくしてたら、「割り箸でも作るのかと思った」と言われた(笑)
c0159876_1148556.jpg
マサカリを振りかぶってる私を笑いながら見てたじいちゃんと、じいちゃんの畑。
c0159876_11233020.jpg
ゆうきのお父さんと、お義父さん。結婚すると家族が一気に増えるんですね。(結婚したのはゆうきのお姉さんですけどっ)
c0159876_11263240.jpg
お姉ちゃんの旦那さんは美容師(こんな漁師みたいな風貌ですが)じいちゃんぼさぼさだった髪の毛を切ってもらってご満悦。
c0159876_11285153.jpg
じいちゃんの写真を撮っていたら・・・
c0159876_11292058.jpg
おばあちゃんの電動車いす?に乗って遊んでるお姉さんが横切り・・・。
c0159876_11302432.jpg
バックして戻って来た!!!!
c0159876_11313517.jpg
じいちゃん、かっこ良くなりました。キレイな白髪。
c0159876_11322988.jpg
あっ!妹のかよちゃんまで乗ってる!!しかもクラウンにぶつけとる!!
c0159876_11331686.jpg
車庫入れ完了です。
c0159876_11385130.jpg
おじちゃんと奥にいるわんこの動きがシンクロしてる(笑)
c0159876_11351070.jpg
去年婿入りしたかよちゃんの旦那と、お姉さん。私が割った薪(を使ったのかわかりませんが)で餅米を炊き・・・
c0159876_11364062.jpg
この機械に入れると餅になって出てくる!べんり〜。そしてうま〜い。
c0159876_11413974.jpg
それを少しずつ袋詰めして、鏡餅も作って、残ったお餅はその場で宴会!
私はゴルフボール大の餅、15個くらい食べました!!!あんこやら大根からみやら納豆やらお雑煮やら!!
その後は〜。妹夫婦の車に乗っかってゆうきの実家に行き〜朝早かった私は眠くて速攻で昼寝し〜、
「ごはんだよ」と起こされ〜、ゆうきがいないのに共通の友達まで家に来て談笑し〜、その子が持って来たアイス食べて〜、駅まで送ってもらって帰りました!!

私ほど「恩恵に与る」という言葉が似合う人はいないんじゃないかと。
私の辞書の、ア行より前に書いておきます。

寒かったけど、みんな笑顔で、暖かいひとときでした。お餅もめちゃくちゃおいしかった。
また年末ねー。
c0159876_11553638.jpg
チャッピーだかチョビだか。そんな名前のわんこ。モフっとしてます。
[PR]
by churaphoto | 2011-01-13 12:00