<   2012年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

お知らせ

本日発売の週刊文春、後ろの方のスイーツ特集、私が撮ってますー!

普段撮っている雑誌は本屋にしかなかったり、あっても付録つきで立ち読み出来なかっ
たりでお知らせしてませんが、文春だったらコンビニで立ち読み出来るので、良かったらみてくださいなー(^-^)/

取り急ぎ!
c0159876_8292860.jpg

[PR]
by churaphoto | 2012-08-30 08:19

ちゅら散歩

c0159876_23524120.jpg

c0159876_23524992.jpg

c0159876_23531312.jpg

c0159876_2353276.jpg

c0159876_23535120.jpg

c0159876_23544912.jpg


7月某日、お散歩カメラcontax T3を持ってパン好きの友達と世田谷線沿いをお散歩。
「フィルム!」って感じの写真ですね。
デジタルではこうはいかんめぇ(←成田弁 多分

途中途中のパン屋さんに寄り道して、最後はここ↓
c0159876_23591510.jpg

黄色いドアがかわいいパリ空で残り少ないパンを買って、近くの公園でまったり。
パリ空のパンは私は初めてでしたがちょっと感動するくらいおいしかったです。

お散歩は楽しいね。


明日は撮影のはずが急にキャンセルになってしまった!
最近ちょっとバタバタしてるから残念だけどちょっとほっとした。
たまってる画像処理が終われば写真美術館で展示してる清志郎見に行こうかな。

映画「ニッポンの嘘」も見たい!

[PR]
by churaphoto | 2012-08-28 00:07

お久しぶりです。

c0159876_2112594.jpg
c0159876_2113281.jpg
c0159876_211869.jpg

この夏、夢中で遊んでたら、知らないうちに5キロやせてました。わはは。

5キロやせることもすごいけど、人に言われるまで5キロやせた事に気づかないあんたがすごいと褒められました。(でも見た目あんま変わってない気がするのよ)

まだ夏は終わらないぜい。いや、終わらせないぜい。

毎日遊んで写真とって、仕事して写真撮って、写真とって遊んで、畑仕事して写真撮って、ぼんやりなんとなく写真とって、してます。

もう一枚もシャッター切りたくない、と思うまで撮ったり、写真が大好きだーとかみしめたり。
大切な人たちを撮れる喜びで胸一杯になったり。

いや、写真ていいですわ。
[PR]
by churaphoto | 2012-08-24 21:06

waratta

c0159876_2103944.jpg


「愛想無しの君が笑った」とは、ミスチルの歌詞だったかと思いますが、
普段笑わない人の笑顔ってすごい威力ですね。

某航空会社の機内誌のお仕事をたまにさせてもらってるんですが、
その撮影に立ち会いにくるその航空会社の男性が一人、
挨拶もあまりせず、人の目を見ず、なにより笑わない。
表情が無いので、撮影のたびに「写真が気に食わないのかしら」とドキドキなんですが。

最初の頃は、「大手航空会社」という先入観が私にあったので、
その笑わない感じを「なに気取ってんだー」くらいに思ってました。

でも、何回かお会いしてくうちに少しずつ打ち解けてきたら、
「もしかしてこの人人見知りしてただけで、実はいじられキャラかも?」と思うような事が多々ありまして。決していじれませんけども。
だんだん愛着わいてきた頃に、初めて笑ったんですよ。
もうその時のショックってば。
ハートにズキューン来ちゃいましたよ。
あ、一目惚れとか、そう言う事じゃないですよ?

もう、とにかく、写真撮りてー!!って感じでした。

なんていうか、重みが違うと言うか。
一瞬にしてその人に対する壁が取れると言うか、安心感が尋常じゃないです。
こんな風に感じてもらえるなら「普段笑わない人」になるのもいいかも?なんて思いましたが、
チャレンジしようかと考えるだけで、にやけてきてしまうので私には無理でした。ははは

写真は友達の結婚式でスピーチしてた、この話とは正反対の、笑顔がトレードマークのようなおじさん。七福神のようでした。

今週はロケ続きです!炎天下の中機材もって電車移動はなかなかにつらいけど取材は楽しいぞ!
明日も暑いかな。早く寝ないと。
おやすみなさい。
[PR]
by churaphoto | 2012-08-03 01:10

セミちゃん

c0159876_2184536.jpg

あ~っついぜbaby!(清志郎のマネです)

この前、ドトールで注文をしてたら、席に座ってたおじさんが慌ててレジのところに来て、
私の接客をしてくれてる女性の店員さんに、自分の左腕を突き出し、
「ん!ん~‼」と何かを必死で訴えてきました。
何かと思いきや、その突き出された腕には緑色に光るかわいいカナブンが。
壁かどこかにいたのが飛んでおじさんの腕に着地したんでしょうね。
おじさんは「取ってくれ」という言葉も出ないほどパニックになっているようでした。
そして腕を突き出された女性店員さんも、ちょっとうろたえてまして。
みかねた私は、そのまま素手でそのカナブンを両手で包み込むようにして取ろうとしたんですが、
カナブンもおじさんの腕が心地いいのか、おじさんの毛にしがみついてなかなか取れない。
おじさんは「いぃ~」と悶えてましたが、私の手の中にカナブンがおさまると、私の肩をパンと叩いて、
「あんたすごいね‼」と褒め称えてくれました。
私としてはカナブンの何が怖いんじゃいという感じだったんですが、その話を友達にしたところ、
「私も絶対ムリ」と…。
苦手なモノは人それぞれだなあと、驚きましたが、私にも怖いものはありましてね。

それは…。死にかけのセミちゃん
なんなんすか。あの横を通った瞬間に点火したネズミ花火の様に動き出すのは。
地雷かっつーの。

しかも今はネコがいるため、尚更恐怖です。
家の前に地雷が仕掛けられてる事も知らずに無防備でドア開けちゃったらですよ。
すずが「にゃー」と飛び出して行き、一目散に捕まえて、騒いでるセミちゃんを死なない程度にくわえたまま、嬉々として家に入ろうとする。
家の中で飛ばしてまた捕まえて遊ぶ気ですよ。
セミちゃんに負けない断末魔の叫びを私もあげるっつーの。

本気で怖いです。

と、言うわけで、上の写真は、
「帰ってきたら家の前に生きてるか死んでるかわからないセミちゃんがいて、
履いてたサンダル投げて生死の確認をしようとしたけど、ビビってるためあさっての方向に飛んでった」の図。そしてサンダルを取りに行けないの図。

家の前で正味10分程、体を動かして気配を感じさせてみたり、足音立ててみたり、明らかに挙動不審でした。我ながらチャップリンのようでした

c0159876_2184623.jpg

さらにバッグにあったゴミを投げてみたの図。
この後このゴミを回収するというヤブヘビな事態が待っとりましたよ…。長い棒に両面テープをつけて取った

結局、何しても動かないのでおそるおそる通過。幸いにも点火はされませんでした。

汗だくです。蚊に刺されまくりです。

前に一緒に住んでたユウキは、ゴキもセミちゃんも平気で頼りになりました。そこだけは。
でもカエルと鳥は苦手という。駅のホームでよく鳩にビビって立ち往生してました。

人の感覚って不思議ですね。

疲れた。

ところでセミちゃん、姿は見せてくれたけど都内はあまり鳴き声が聞こえませんね。


最近ふと気づくと良く口ずさんでる大好きな曲。大滝さんがいない・・・
ギンギンギラギラの夏ではありますが、ホーシーツクツクの夏にはなってないような。
まだこれからなのかな。
[PR]
by churaphoto | 2012-08-01 01:44