タグ:いただきます ( 13 ) タグの人気記事

愛情一本

c0159876_1993891.jpg

撮影させてもらった料理の先生が、食後のデザートにと出してくれた手作りの錦玉羹(キンギョクカン)
この先生とはお仕事ご一緒するのは初めてでしたが、
自家製のジュースを出してくれたり、お昼ご飯も撮影したものだけでも充分なのに、
ちらし寿司を作っておいてくれて、食後はすでにカットしてあった冷えたメロンが出てきて、
そのあとこの和菓子、そしてコーヒーサイフォンできちんといれてくれたコーヒー・・・。

撮影した料理自体もとても丁寧で、おいしくて、時間かかったでしょうに、
それに加えて私たちが食べる分だけのためにこんなにたくさん作っておいてくれて、
しかも本当に美味しいんです。

もうおそらく50歳は過ぎてるだろうな、という方でしたが、細身で、ショートカットの髪は清潔感があって、立ち居振る舞いも美しくて、もの静かで、とても上品な方でした。外ロケでの撮影中、汗だくで、なりふり構わなすぎて「戦場カメラマンのようだ」と言われた事のある私とは月とスッポンですな。

そして撮影の翌朝、その先生から私にお礼のメールが。
「楽しい撮影でした。ありがとうございました。」と。本来私から送るべきな気が・・・恐縮
このメールはもちろん私だけでなく、編集さんたちにも送られたようですが、
こんなペーペーの私にまでこんなに丁寧に接してくれる方もいるんだな、と。こんな女性になりたいなと。

なんていうか、ここまで色々やってくれるのに、「がんばってます」って感じが全くないんですよ。
「私気が利くでしょ?」みたいな嫌みな部分が全く感じられない。
それはきっと、本当にその先生の中で自然な行動だからしょうね。

料理は愛情だなあ、そしてやっぱり人柄がでるんだなあとしみじみ。
自分だけが食べるために作る料理って絶対美味しく出来ないもんね。なにかが足りない気がするの。愛情なのかも
料理に限らず、なんでもそうですよね。写真も。


そんなことを思ってた矢先、友達に、
「写真の事は全くわからないけど、桂の写真は本当にあったかくて優しくて、ホッとする。自分の笑ってる顔はこんなに楽しそうなんだって、桂の写真で初めて知った。」と言ってもらえました。

「写真うまいね。」より、「いい写真だね」のが嬉しい。
愛情の一本勝ち!な写真、撮って行きたいです。
[PR]
by churaphoto | 2012-07-30 19:51

田植え!

c0159876_248578.jpg

21日、奈良さんの田んぼの田植えに行ってきます。(去年の田植えの様子はコチラ

余談ですが、「年(トシ)」という言葉は、もともと穀物や稲の実りを意味する言葉だったそうですよ。
稲が一年に一度実る事から、一年という時間の単位を表す言葉になったそうです。

マメ知識でした。

今年は奈良さんの友達のアフリカンのダンサーさんや、ジャンベ奏者の方も来るそうで、
田植え後、アフリカンダンスのワークショップ→アフリカンライブだそうで。楽しみすぎる。

天気も持ちそうだし、楽しい一日になるといいな。

その前に明日の仕事をがんばらねば!いい写真撮るのじゃ。
[PR]
by churaphoto | 2012-06-20 00:48

たこやきロマン

c0159876_22182824.jpg

たこ焼きが昔からなぜか好きでしてね、
大抵、たこ焼き屋さんを見つけるとテイクアウトで買って帰るんですが。

今日もテクテク歩いてたらたこ焼き屋さんを発見。
家で食べようと思い、ひとつくださいなーと言うと、
「6個入りと8個入り、どっちにする?」とおっちゃん。

私、10秒くらい真剣に眉間にしわ寄せて悩んだあと、
「ろっ・・はっ・・・ろ、6個!」と。

おっちゃんは「あいよー」と言ったあと、無言で容器にたこ焼きを入れてて、
私はお財布からお金を出してたので、たこ焼きを入れてる所を見てなかったんですが、



ふたを開けたら7個入ってました。


その優しさ、まさにプライスレス。


「一個おまけしとくからねー。」とか、ひと言も言わなかったおっちゃんに惚れそうでした。

美味しかったし。

また買いに行こう。
[PR]
by churaphoto | 2012-06-17 22:27

味噌

c0159876_1322187.jpg

去年の冬、味噌作りをしました。
調布市仙川にある、納々屋さんという自然食品のお店の企画に参加させていただきました。
上の写真はその時ので、同じく仙川にある森のテラスさんというとても素敵なオープンガーデンで味噌作り。
最初は部屋の中でみんな作ってたんですが、天気が良くて気持ちよかったので外で大豆つぶし。

半年が過ぎたので、そろそろかな、と思い、昨日開けてみて試食。
んまい。
c0159876_1444676.jpg

本当に美味しい。欲目も入ってるんだろうけど、塩加減がちょうどいいです。
この写真じゃ愛しさが伝えきれない。つーか味噌って写真撮るのめちゃくちゃ難しいですね。
さっそく、お味噌汁を作って、炊きたてのごはんと食べました。
お米はオーハタのお父さんが作る大畑農場の有機玄米と黒米!これがまたうまいんです。
c0159876_1534680.jpg

美味しかったーーー。
これに海苔とか、梅干しとか、昆布の佃煮とかあれば、それで充分ですね。贅沢。

このあと味噌焼きおにぎりも作りました。それもめちゃくちゃ美味しい!!ボキャブラリーの貧困さがうきぼりですな。しばらくはまりそうです。

この時は「体験」だったので1キロ分だけでしたが、そのあと、2月に埼玉で奈良さんたちと米みそと麦みそ10キロずつ作ったのもあるので、それとの食べ比べも楽しみです。早くできないかな。

今度は梅酒と梅ジュース(シロップ)を作ります!楽しみ!!
[PR]
by churaphoto | 2012-06-14 01:57

ぽん菓子

c0159876_23454933.jpg
ぽん菓子好きです。
嫌いって人はあまりいないかもしれませんが、もうこの年になると「興味ない」人の方が多いはず。

私もジャンクフードはもうあまり食べませんが、お菓子食べるならポテトチップスよりポン菓子。(そしてケーキより大福、お酒よりお茶。このブログで「飲んだー飲んだー」言ってるので酒豪なイメージと言われる事がありますが、お酒の場のわいわいな感じが好きなだけでお酒はそれほど得意じゃないです。
「ムギムギ」が大好きでね、でもうちの近くのスーパーではどこにも売ってないんですよ。ムギチョコは売ってるんだけどねー。チョコいらないんだなー。
一回だけ売ってるの見つけてウキウキで(ムギムギをウキウキで)買ったんですけど、次に行った時にはもう置いてませんでした。なんでなの。
コンビニで「にんじん」を見つけるといつも少しの間、買おうか悩んで、立ち止まってじっと見つめてしまいます。

写真は農家の友達が副業でぽん菓子屋をはじめるそうで。
自家製ぽん菓子、砂糖味とコショウ味。おいしかった。
[PR]
by churaphoto | 2012-06-04 00:10

気は心

c0159876_21121622.jpg

先日オーハタから、オーハタのおばあちゃんの手作り干し柿をいただきました。
前にオーハタのお父さんが作った野菜とお米を頂いた時もそうだったけど、なんだかとてもあたたかくて、無条件に涙が出ます。

可愛くて、愛しかったので公園にて撮影。
昔の人の知恵と手間って本当にすごい。
甘すぎず、柔らかくて、本当においしい。
私もこういうものを作れるおばあちゃんになりたい。(今度味噌を作ろうかな、と思ってます。手前味噌。)

オーハタの妹さんはただいま陣痛まっただ中。こんな暖かい家族に迎えられる赤ちゃんは幸せ者だね。


ところで、震災後、今までより写真を撮るようになりました。
この景色は「当たり前」じゃないんだなあって今までより更に強く思ったという理由もありますが、
おこがましいけれども、万に一つの可能性で、私の写真が誰かの心をほんの少しでも救うかもしれないと。救心。

写真てえげつない部分もたくさんあって、特に今みたいな、「不謹慎」なんて言葉がよく聞かれるような状況においてはさらに、だと思います。
テレビを見てても、被災者たちの横で無神経にカシャンカシャンとシャッター音が聞こえると、写真をやってる人間でも腹が立つときがある。

でも、こんな時だからこそ、今まで自分が信じて続けてきたものの力を信じたい。

ミスチルの桜井さんが、これだけの被害を前にして、曲を作るという行為が不純に思えて、出すことを迷ったと言ってて、実際私もこんな時に必要なのは直接人を救う知識のある人間で、私なんか何もできないなあと思いましたが、

きっと、行動は「思い」を伴うことで意味を持つ。力を持つ。

「祈るだけじゃ何も変わらない」という人もいるけれど、人が真剣に祈ってる姿に、少なくとも私は心が揺さぶられます。

サッカーにはあまり興味がありませんが、チャリティー試合のカズのゴールには涙がこぼれ落ちました。
キングと私じゃ、器に差がありすぎて、比較しようもないけど、それでも、たった一人でも、たとえ被災地の方じゃなくても、私の写真でほっと安心してくれたなら、と、思います。

おばあちゃん手作りの干し柿みたいに、あったかい写真を撮りたいな。
[PR]
by churaphoto | 2011-04-04 22:11

取り急ぎ

福島 里山ガーデンファーム

既に知ってる方も多いのかもしれませんが、今ネットのニュース見たら、福島の農家さんが、WEBショップを始めたそうです。
キロ売りだから、野菜は個人で買うには難しいかもしれないけど。とりあえず私は玄米を買う!!

取り急ぎご報告!
[PR]
by churaphoto | 2011-04-02 23:46

深海の夢

c0159876_21212211.jpg

もうだいぶ前の話になってしまいますが、自由が丘にある、深海の夢という和食料理屋さんで、作品撮りをさせて頂きました。
鹿児島出身のご主人、徳丸三九男(みくお)さんが使う食材は、ほとんどが地元、鹿児島から取り寄せた物。
それもほとんどが家族や友人から送られてきた物です。

c0159876_2033581.jpg

c0159876_22155557.jpg

三九さんの地元、知覧町名物、知覧茶を送ってくれる友達の名前や、お姉さんが送ってくれたという生姜を愛しそうに見せてくれました。


深海の夢のメインメニューはラーメン。三九さんの基本は和食なのになぜラーメン?と聞くと、
このお店を出す前に働いてたところのオーナーに、
万人が作る、従来通りの料理だとうけないぞと言われたそうで、
それから色々研究し、和の基本、常識ははずさず、くずすとこはくずすことを学んだと。
その結果、例えばパスタを作っても、お客さんが和食と認めてくれるものを作れる様になったそうです。

「和食はこうあるべき」ではなくて、四方八方から見てみる。そうすると気づくことがたくさんある。とおっしゃってました。
写真も同じ。どの世界も同じなんだなあとなんだか嬉しかった。

c0159876_1712469.jpg

かごんまらーめん。
真ん中のカツオも、久保義三郎さんという高校時代の友人が送ってくれるそうで、
そのカツオでだしを取った醤油を、当たり前の様に「ギサブ醤油がね、・・」と話してくれました。
ギサブロウさんが造った醤油だからギサブ醤油。
なにも知らない私が、「それはその地域ではそう呼ばれてるんですか?」と聞くと、
「ううん、このお店だけ」とひょうひょうと・・・。

写真の通り、普段はずっとニコニコしてて、取材のお願いをしたときも、
「職人っぽく頑固な感じとかできないんですけど・・・いつも通りはしゃいでもいいですか?」とお茶目な方でした。
何を言ってもだいたい息が抜けた感じで「オ〜ケ〜ィ」と返ってくる。その一言になんだか心が安らぎます。
この方を写真に撮りたいな、と思ったきっかけは実を言うとその一言を聞いたときでした(笑)

でもやっぱり料理の話になると、表情も口調も変わって、頑固な職人と言った感じ。かっこいいです。
でもお客さんの意見は素直に聞いて取り入れるところも素敵。

c0159876_21364978.jpg
「鰹の腹ん皮」ライティング大失敗の巻。
本来捨ててしまうところとかも調理すれば食べられると・・・・。
とにかく人とのつながり、そして食材を大事にする三九さんの作る料理、
おいしくない訳が無い!
もちろん絶品です!!
皆さんぜひ!!


三九さん、その節はどうもありがとうございました。

取材もしながらでてんやわんやで、反省点しか残っておりません。
是非リベンジを!!
[PR]
by churaphoto | 2011-02-03 21:41

秋キャンプーーー!!

c0159876_20473352.jpg

風邪引いたのとフィルムで撮ったのとでだいぶみんなから遅れを取っておりますが、
キャンプ行ってきました。

もー、めっちゃくちゃたのしかったーーー!!!
そりゃはしゃぎ過ぎで熱も出すっつーの。
まずは、おじーが動画を編集してくれたのでそちらから。
とても素敵に仕上げてくれています。
私の服のレイヤーっぷりが半端無いですがお気になさらず・・・。

最後の、ぐだぐだな記念撮影が好き。サザエさんちみたいで。


前の職場の仲間で、みんなカメラマン、もしくはカメラマン志望。
フリスビーとかもやったけど、たいていみんな何か食べてるか写真撮ってました。

写真撮り合いっこ(っていうのか?そんなかわいらしい表現が似合う物ではないけど)したり、
人物カメラマンの真似事したり、カメラ交換したり。

みんなを見てると、やっぱり自分とは撮ろうとする着眼点が違ってて面白かった。
写真の勉強にもなったキャンプでした。
c0159876_219443.jpg
c0159876_2191811.jpg
二日酔いおじー。(上2枚はlin君撮影)
c0159876_21933100.jpg
c0159876_21124744.jpg
c0159876_2113338.jpg
途中で見つけたパン屋さん。ハチがいて、私の首に止まり、死ぬかと思いました。オーハタが取ってくれた。
c0159876_21184032.jpg

c0159876_21181655.jpg
ジャグリングlinくん
c0159876_21162138.jpg
オーハタがんばる
c0159876_21204686.jpg
オーハタ、タンドリーチキンの下ごしらえ中


そしてなんといっても、外でみんなで食べる食事はうまい!!

私がほぼ寝ずに煮込んで(そんなことしてるから熱出すんだよ、と思ったそこのあなた。その通りだ。)持ってったモツ煮も、その場で適当に作った黄色くないパエリアも、
上出来でした!喜んでもらえて嬉しかったな。

そしてオーハタが作ってくれたタンドリーチキンも、実家から持って来てくれた大畑農場の無農薬野菜のバーベキューも、めちゃくちゃおいしかった!!
朝ご飯にその野菜入れて作ってくれたクリームシチューも、ホットサンドも、煎るところから始めたコーヒーもとにかくおいしくて。

c0159876_2127570.jpg
油舞い散るタンドリーチキン
c0159876_2128483.jpg

c0159876_21281894.jpg
たまには自分の写真もね。梅酒のお湯割りがうれしい。
c0159876_21302712.jpg
c0159876_21305116.jpg
コーヒー豆を煎るために試行錯誤してる二人・・・。
c0159876_21325432.jpg

バーベキューする台を部屋に持ち込んで、つまみながらトランプやったり、とりとめなく話したり。
音楽を聴きながら、心地よい時間が過ぎて行く。
c0159876_21383329.jpg
白熱ジジ抜き。
c0159876_213993.jpg

私は寝不足で途中ちょっと寝ちゃったりして。みんなの声が気持ちよかった。
c0159876_21423719.jpg

顔を洗いに外に出ると、おぼろ月夜でした。絵本の世界。

「満天星屑キャビン」でしたが、残念ながら曇り空で星は見えず、代わりに部屋に煙が充満して煙いのなんの。
linくんがずっと、「目がしょぼしょぼする」としょぼしょぼした顔でしょぼしょぼぼやいてました。

でもそんなことすらなんだか愛しい。


c0159876_220239.jpg
そして、朝。
c0159876_2204239.jpg
二度寝おじー。
c0159876_2215224.jpg
ポイ?っていうの?で遊んでるオーハタ。(逆光で撮って!!儚げに!!と指定され撮影。)
c0159876_2232819.jpg
ともひこと写真合戦(オーハタのブログにこの様子を撮った写真が載ってます。後ほどご案内)
c0159876_2275630.jpg
朝ご飯。
c0159876_2285536.jpg
昨日男の子たちが頑張ってくれてたコーヒーも上手に作れました。。
c0159876_2282638.jpg
オーハタがたくさん作ってくれた、ホットサンド用のスパム。
c0159876_2294437.jpg
カヘオレ。んまかった。
c0159876_22101759.jpg
おじー起きる。
c0159876_22151371.jpg
ipodいっぱい。
c0159876_22175410.jpg
ぐだぐだ記念撮影の始まりです。
c0159876_22202412.jpg
キャンプ場を後に。これから草津に行って温泉!!
c0159876_22213333.jpg

c0159876_22222589.jpg
温泉のあと、おいしいそば屋を探してうろうろ・・。
c0159876_2226165.jpg
ピンぼけ干し柿。愛し。
c0159876_22404819.jpg
旅の終わり。もうフィルムカメラでは暗くて撮れません。「昨日に戻りたいね」なんて話してた頃。



旅は終わってしまいました。


いつも仕事では、トータルで20キロはあろう機材をえっちらおっちら担いで、私なんて背がちっちゃいから
編集さんとか心配して持ってくれようとしちゃったりして、慌てて「平気です!!」とか言って突っぱねたりしながらも、気が弱ってるときとかその重さだけで泣きそうになったり(よっぽど落ちてるとき、ですよ。)してる毎日の中で、
キャンプ場では、分担を決めた訳でもなく、女の子は料理をして、男の子は火をくべたり、水や重い物を運んだり。
自然の中では昔ながらのあるべき姿になるんだなあと、そんな大げさなことじゃ無いのかもしれないけど妙にしみじみしてました。(考え過ぎ?)
自然体が一番ですね。

いつかは晴耕雨読な生活がしたいもんです。

今回はキャビンでガスコンロだったけど、いつか、もう木の枝からお箸を作るくらいの、サバイバルキャンプやってみたい!!

それまですこしづつ行って、慣れてこ。


また行こうねー皆さん。

それではキャスト紹介。(それぞれのブログにもキャンプの様子のってます!)
c0159876_22583088.jpg
ともひこ。
口数少ないくせに、いったん口を開くと全部持ってくニクいやつ。ほっこりします。
c0159876_22593168.jpg
おじー。(ブログあり)
くされ縁で、今の事務所でも後輩。いつも公私ともに助けてもらってます。たまに涙出るくらいいいやつ。たまにね。
c0159876_2344211.jpg
オーハタ。(ブログあり)
めんどくさいんだけどいないと寂しい。お世話してやってるようでじつはお世話してもらってることのが多い。今回もたくさんお世話になりました。
c0159876_2381621.jpg
そして真打ち、lin君。(ブログあり)(linくんのいい写真がなくて、オーハタの写真から拝借。でも撮ったのは私なのデス。)
今回のキャンプの企画から予約から物資調達までほとんどやってくれました。ありがとう。
フワワワ〜って感じです(笑)
でも多才で経験豊富で物知り。話してて楽しい。もうすぐ一児の父。しっかり働けよ。


すんげ〜ながくなった〜!!最後まで見てくれた方、いるんでしょうか?

でもたのしかったからいいか。

そんなこんなで、みなさんおせわになりました!
ぜったいまた行く!!
[PR]
by churaphoto | 2010-11-19 21:46

ごはん

c0159876_125284.jpg

久しぶりにGR DIGITAL(コンパクトデジカメ)を使って撮影。コンデジはやっぱりそれなりにしか撮れませんね・・・(え?腕?

圧力鍋を買いました。
なぜなら、玄米ご飯を炊きたかったから!!(上の写真。黄ばんだご飯じゃありません。念のため。)

前回、このブログで、THE WARENKAというナイスなバンドを紹介させてもらいましたが、
その中のナイスなギターと三線を奏でるアツシさんは普段はナイスな整体師(正確には均整師)さんでして。

この前、治療してもらいに行きました。

昔から時々、左の足が前に出なくなるくらい、足の付け根に激痛が走る事があって。
前に病院で見てもらったりしましたが、原因は不明でした。

ところが。

アツシさんに診てもらったら、2秒で原因解明。マジですごいです。

ツボを押される時のあまりの痛みに、ギャオースギャオースと吠えて悶えてる私をよそに、
アツシさんはわかりやすく色々説明してくれます。

アツシさんの行う「均整術」とは、切ったり塗ったり飲んだりという、「外からの力」で押さえつけたり取り除いたりする西洋医学とは異なり、
その人の持つ「自然治癒力」を高めるお手伝いをしようというもの。
でもそれはあくまでもお手伝いで、あとは自分の生活を変える事が大事。
そして食生活のポイントは、とてもシンプルで、
「昔から日本人が食べて来た物が一番日本人の体に合う」と。

他にも色んなお話をしてくれましたが、全てがとても理にかなっていて、納得出来たので、
とりあえず「出来る事から始めよう」と、その日の夜に早速お友達のオーハタに電話して、オーハタのお父さんが作る、JAS認証済みの無農薬・有機米を注文しました。
(以前、このブログで紹介しましたが、大量の野菜とお米を突然送ってくれたオーハタ。
その野菜たちの、土のかおりが忘れられません。)

届いた玄米を買ったばかりの圧力鍋でさっそく炊いてみると、圧力鍋初体験のわりに、おいしく炊けました。

もともと雑穀米好きで、和食党の私。
仕事上、出前や外食がどうしても増えるので、家の食事くらい節度あるものでも何ら苦にはならなそうです。
マクロビとまではいかないけど、ちょっとずつ、変われたらいいな。

参考までに
ナイスなアツシさんのマーベラスな均整院HP→タナカ均整院

ナイスなオーハタのお父さんのワンダフルな農場HP→大畑農場


どうぞご贔屓に。
c0159876_1452920.jpg
ペタンコすず
[PR]
by churaphoto | 2010-10-05 14:09