タグ:映画 ( 6 ) タグの人気記事

たま

一昨日これ観てきました。
「たまの映画」


予想外に満員。そして予想以上に面白かった。

たまが流行った頃は私はまだ小さくて、「へんな人たち」って感じだった。
でもなんだかずっとあの曲(さよなら人類)は心のどこかに引っかかってた。

映画館で観てよかった。
知久さんの声と音がすばらしくて、涙が出ました。


「さよなら人類」でメインボーカルだった柳原さんは出てなかったんだけど、それ以外の3人、
みんなとてもいいことを言ってて、それぞれのリアリティのある言葉が
これから独立しようとしてる私の心にサプリメントの様にやわらかく浸透して行きました。

見終わった後、「よし、やってやる!」っていう浮き足立った興奮ではなく、
「一歩一歩、焦らずゆっくり歩いて行こう」っていう、そのためのしっかりした地盤が心に出来た感じ。
安易ですか。こんな映画一個で出来るもんではないですね。
でも心境的にはそんな感じです。

面白かったのは、それぞれ共通のテーマに「死」があるようだと言っていたこと。

そしてみんな好きなことやってるんだけど、
「今が楽しければそれでいい」っていう感じではなく、
遠くにあるのか近くにあるのかわからない「死」というものを見つめながら、
「今」を踏みしめてるのかなと。

意味分かんないですかね。

結局は同じことなのかもしれないけど、
「どうせいつか死ぬんだから楽しく生きればいいじゃん」って感じではなくて、
「いつか死ぬときに笑って死にたいから、やりたいことしかやらない」って言う感じ。

意味分かんないですかね。


とにかくなんか、強い信念を感じました。


「やりたいことだけ。あと何年生きるのかはわからないけど、
 とにかくなるべくやりたいことだけ、やって生きて行く。」


とりあえず知久さんにはまりました。
不安定そうで、でも実はとても根の深い安定した声。人柄そのものです。
下北や吉祥寺とかでライブしてるんですね。チャリで行ける!行こ!

それから知久さんと石川さんもいるパスカルズも最高でした!絶対見に行く!!

[PR]
by churaphoto | 2011-01-28 21:42

たま


ちょっとこれ見たい。

たまは「さよなら人類」しか知りませんが、なんとなくずっと気になってたバンドでした。

この前、mixiの、清志郎のコミュで、フツーに石川さんが「元『たま』の石川です」ってコメントしててびっくりした(笑)

映画はアタリかハズレか。見に行ってみよ。

ワタナベイビー老けたな・・・。
[PR]
by churaphoto | 2010-12-06 22:56

志村なふたり

c0159876_199314.jpg


最近独り言と、眉間のしわの刻まれっぷりが尋常じゃないです。もうね、渓谷。渓谷on my face.

ここ数日、友達が入れ替わり立ち替わり泊まりに来てたんですけど。

さあ寝ようって電気を消して、布団に入って、お互い仰向けになった状態での会話って、
なんであんなに楽しいんでしょうね。

すごいくだらないことでもなんか笑える。
顔が見えないから気が緩むのかなあ。

この前は、なんだか会話がままならず、お互い「え?」みたいになって、
志村みたいに二人で「んあ?」って言い合って、それだけで苦情来そうな高笑い。


つげ義春原作の、「リアリズムの宿」って映画を思い出しました。
この映画、全く山場もなく、とにかく淡々と進み、
「あー、そういうことあるよねー」とクスッと笑うシーンがひたすら続いて終わるんですけど。
初対面で「旅はみちづれ」となった冴えない男二人が、初めてお互い気を許して心から笑うシーンが、
おんぼろ民宿の汚い布団で、仰向けで寝てる時で。
その、心の壁の取れ方が、すごくリアルでした。


この映画、本当の主題歌はくるりの「家出娘」なんですが、それではなくて「宿はなし」を、しかも二階堂和美のカバーでくっつけてる動画があって、でもそれが妙にしっくり来たので載せます。




夢うつつの中、ぼんやりと見える天井に向かって、相手の顔を無意識に頭に浮かべながら話す、
あのほんわかした空気がとても好き。


明日から軽井沢キャンプです。満天星屑キャビンに泊まります。屋根が無いんだって!!部屋でたき火が出来るんだって!!

楽しみ楽しみ。
みんなで寝袋にくるまって、みの虫みたいになって星空を見ながらの会話はどんなだろう。


寒いだろうから、豚汁かモツ煮を作ろうと思ってたら、一緒に行く子はタンドリーチキンを作るそうな。
この生活臭の違いは何でしょうか。

行ってきます。
[PR]
by churaphoto | 2010-11-12 19:39

映画鑑賞強化月間

いやー、給料日前にこんなに休みがあっても、お金なくてどこもいけませんがな。

そんな折、ゲオが9月いっぱい、旧作100円でレンタルしてまして。
ここぞとばかりに見逃していた映画を見まくっております。

なので少しレビューなんぞ。ネタバレありなのでこれから観る方ご注意を。

*人のセックスを笑うな*
c0159876_19265231.jpg 

永作博美に蒼井優とくれば、それだけでなんだか面白そう。
いや〜、永作、可愛すぎ。小悪魔(今時言うのか?)っぷりが半端無いです。
普通に考えれば、「女の敵」になるタイプなんだけど、でもなんか憎めない。
理性もルールも、相手の気持ちも周りの状況もお構い無しなんだけど、
変に小細工や媚を売ったりしないから、見てて気持ちいい。
女の敵になるかならないかの違いはそこなのかな。
器量も度量も、相手のが確実に上回ってたら、たとえルール違反な事してても
参りましたって言うしかない気がする(笑)
友達も前にブログに書いてましたが、
だって触りたかったんだもーん。」って言葉がとても印象的でした。
気持ちわかります。松山ケンイチの、なんか大型犬っぽい感じ。モフッと抱きつきたい。
女だって、きれいな線をした男の人の体には触りたくなるってもんです。

そして蒼井優が松山ケンイチに放つ「バッカじゃない!!!」って言葉も。良〜くわかります(笑)
純情すぎて、騙されすぎて、そんな女好きになりすぎて翻弄されまくってて「バッカじゃない!!」
そんでもってそんなバカなそいつを好きな自分も「バッカじゃない!!」

・・・・もどかしいですね(笑)

そして最後の蒼井優の心境の変化まで、なんともリアルな映画でした。
しかしみんな、演技うまいよなあ。ああいう日常的な演技って一番難しそうだけど。

映像もちょっと青みがかった柔らかい感じで、見てて心地よかったです。
しかし恋って、相手の事何もわからず、ただスキンシップにドキドキする、いわゆる「両思いになりかけ」が一番楽しいですよね・・・・って、この映画見て再確認。
松山ケンイチがホントに楽しそうで。私もニヤニヤしたーい。



はい次。


*ミリオンダラーベイビー*
c0159876_1918751.jpg

クリント・イーストウッド監督・主演作品。
上映中は何だか色んな番組で賞賛されてて、気になりつつ観てませんでした。
観てびっくりです。ただ単に熱血スポーツ系感動映画だと思ってたら全然違った。
面白いとか、いい話とか、そういう表現は似合わないと言うか、使っていい言葉じゃない気がする。

ましてや美談でもない。

重い。重い話です。途中から痛々しくて、涙止まらず。観てられなかった。(いや観ましたけど)
私も祖父母が亡くなる直前、好きな物も食べられず、見える景色は天井ばっかで、体は思い通りに動かず、これで生きてるって言えるんだろうかと思う反面、私の立場からすれば、どんな状況でも生きてて欲しいと思った。
たとえ話せない状況になっても、目しか動かなくなったとしても、その人がそこに存在するかしないかは、とても大きな違いがあって。


尊厳死。


ベティ・ブルーを観た時もショックだったけど、本当に、何よりも辛い行為のような気がする。
でももし自分の体が動かなくなったら、やっぱり殺して欲しいと思うだろう。
そう考えると、やっぱり最上の愛情表現なんだろうか。
でもやっぱり、生きてこそ、な気がするんです。


難しい。


まとまらないので、映画とは関係ありませんが、この映画を見て思い出した曲を一つ。


Tom Waits。最高です。映画の最後の方、ずっとこの曲が頭の中で流れてました。


そして内容が暗くなったので、ちょっと余談。

この映画でも、やっぱりモーガン・フリーマンはかっこよかった!!!
なんでしょうね。あの存在感。

なんか、映画のタイトルとか思い出せなくて、説明したい時に、
主役の人差し置いて、「あの、モーガン・フリーマンが出てるさ〜」って言った経験のある人!
絶対いるはず!

脇役なんです。あくまでも脇役に徹してるくせに、終わった後の絶対的な存在感。すばらしい。

ハットも似合いすぎです。

そんでもってハットが似合う黒人ってことでもう一曲。(音が大きめです。ご注意)


The Specials!文句無し。キーボードの人カメラみすぎ(笑)
ボーカルの白人が、この映画に出てくるデンジャーに似てます(笑)

他にもいっぱい観ましたがとりあえずこんなもんで〜。
また気が向いたらかきます。
[PR]
by churaphoto | 2010-09-23 20:58

オーケストラ!

c0159876_23485058.jpg


実家写真はちょっとお休み。
鉄は熱いうちにうて、と言いますからな。ネタも私の心が熱いうちに。

今日、急に映画が見たくなって、フランス映画の「オーケストラ!」と言うのを見てきました。
実はこれ、前から色んな人に、「面白いよー。あんた絶対好きだよー」と言われつつ、
しばらく単館ものの映画から遠ざかってた事もあり、なんとなく気が乗らず、見ないままでいたんですが。

今日、急に映画熱が再燃し、その途端に頭の中に「オーケストラ!!」という文字が浮かび、
すぐ調べたらなんと今週の金曜日までアンコール上映中!
世の中全て、一期一会。思い立ったが吉日、欲しい時が買いたい時、映画が私を呼んでるぜ、と、飛んで行きました。

いやー。良かったです。映画館で見て良かった。
レディースデーだと思って行ったらそこの映画館は金曜日でしたが。がちょん

なんていうか、色々ストーリーに思う事もあるけれど、とにかく、タイトル通りです。
オーケストラ!!!
曲がいい。いいったらいい。曲って言うの?音?いや、
オーケストラ!!!!がいいんです。

隣の隣の席で見てた人が、オーケストラの演奏シーンが終わった瞬間、思わず拍手をしちゃって「あっ・・」って焦ってたのが印象的でした。わかるぅー。

自然界が奏でる天然の色んな音も(鳥の声とか風の音とか)素晴らしいけれど、
楽器、そして音楽と言うものをわざわざ生み出したことは人間の最大の功績なんじゃと思ってしまう。

そして本当に好きなものに対する情熱と言うものは、環境の変化などでその感覚が薄れたり忘れたりはするけれど、失う事はないんだと思う。

私は一番好きな事を仕事に出来てて、否が応にも毎日カメラに触れると言う事はとても恵まれてるんだなあと改めてしみじみ。

でもこれで趣味としてでも何か一つでも楽器が弾けたら楽しいだろうな。

この映画のテーマであったチャイコフスキーは詳しくないんですが、(リストやラフマニノフが好き)またしばらく、クラシック漬けの日々になりそうです。

オーケストラ聴きに行きたいな〜。

久しぶりにテンション高めにブログが書けました。エヘ。
[PR]
by churaphoto | 2010-08-26 00:31

お化け屋敷

c0159876_2331972.jpg

c0159876_23313552.jpg


実家シリーズ。
お店と庭のあいだにある、古ーい倉庫?蔵って言うの?なんか違う気が・・
お店の2階は亡くなった祖父母の家になっていて、ベランダと、その倉庫の2階が橋でつながっています。(写真に写ってるのは倉庫で、祖父母は住んでませんよ。念のため)・・が、
きっともう渡れないんじゃないだろうか・・・。

私は一回も入った事がありません。多分ここ最近は誰も入ってないんじゃ・・?
昔、祖父が入って、昔のお金を出して来て見せてくれた記憶があります。(和同開珎みたいなの。)
まだあるのかなー。お宝あったりするのかなー。

人が住んでても気づかなそうな倉庫。肝試し&お宝探しで今度入ってみようかな。

アリエッティいないかな・・。
あ!そう言えばアリエッティ、最高でしたー!
音も色も話も、全てが優しくて、心が震えっぱなしでした。
全然期待しないで行った分、感動は大きくて、終わったあと友達と二人で涙流しながら拍手してました。

でも子供にはわかりづらいかもしれません。飽きて泣き叫ぶ子多数。
見終わって出て行く時、近くにいた子供がお母さんに、
「小人はでてこなかったねー。」って言ってました。え?そこから説明?

トトロのネコバスを思い出すシーンがたくさん出てきますよ。

あ、なんか話がずれてしまった。

今日はこんなところです。
[PR]
by churaphoto | 2010-08-24 23:53