タグ:考える事 ( 81 ) タグの人気記事

つながる

c0159876_2352344.jpg


この前私が知り合って遊んだばかりの人たちが、
今日私とは全然関係ない所でオーハタと知り合って仲良くなってた。
オーハタとはそういう風につながることがたくさんある。
前世でなんかあったりするのかなあ。


それから、最近私が興味を持ち出して勉強してる日本の伝統文化があるんだけど、
調べて行くうちに、私の親戚が今それを広めようとしてることを知った。(宗教とかじゃないですよ!!)

親戚と言っても祖母の姉の嫁ぎ先の話で、その名前は母とかからたまに聞いてたけど
私は顔を合わせたことも多分無いような間柄。

それでも、血のつながりがある人間が、同じことに興味を持ち、活動してることが嬉しかった。

そしてその親戚が関わってることを知ったのは、友達が急に親戚の名前を出したから。
友達が私の親戚を知ってることもびっくりだし、友達は私がその人と親戚ってびっくりしてた。
そりゃそうだ。

その子も、なんだか不思議なつながりを感じる人。色んなことを教えてくれる人。
出会うべくして出会った感じがする。

前世からの縁とか、神様のお引き合わせとか、色んな言葉があるけど、
本当にそういうのあるんだろうなあ。
[PR]
by churaphoto | 2012-07-04 00:36

一歩一歩

c0159876_149967.jpg

あるライターさんに、
「他のカメラマンさんと仕事してみて、ああ、私は長谷川さんの写真がやっぱり好きなんだって思った」
と言ってもらえました。

ポストカードを注文してくれた友達に商品を渡したら、
「すごい!すごくいい!もっと欲しい!」
と、本当に嬉しそうに喜んでくれました。


一歩一歩。


ですね。
[PR]
by churaphoto | 2012-06-15 01:53

思い込み

c0159876_00043.jpg

街は工事だらけですね。

なんか原発再稼働とか。アホらしくて涙が出ます。
何が大事な事かくらい、311を経験した人間ならわかるだろう。

でもこの前ネットを見てたら、「原発反対派は頭おかしい。」みたいな投稿をしてる人がいて。
いまだにこんな考えの人がいるんだと思ったらびっくりでしたけど、私が知らないだけで、実際は少なくないんでしょうね。

そしてこの前本屋に行ったら、一番目立つ所に、「TPPはこんなに素晴らしい!」みたいな本が平置きされてました。
櫻井よしこさんが帯で推薦文を出してました。
目に入った瞬間、鼻で笑ってしまったんですけど。
でも、「TPP賛成派」にしてみたら、反対派の意見なんてそれこそ鼻で笑うような事なんでしょう。


私含め、全ての人がそれぞれの「思い込み」で考えています。
思い込みって言葉は変か?何を信じるか、を選んで生きている、というか。
そして自分が正しいと思う事以外を頭ごなしに全否定する人がほとんどで。

でもね、例えばそのTPP賛成の本を読んだら、私も180度考えが変わってしまうかもしれない。無いと思うけど。
(読んでみようかな、とも思っています。でもお金だして買いたくない・・・図書館にあるかしら?)

最近色んな所で、その、個々の「思い込み」ほど、やっかいな物はないなあと切に感じます。(自分も含めて、ですよ)

ジョンレノンの曲「イマジン」の歌詞の中で、「You may say I'm a dreamer」って所は、いままでいまいちピンと来ておらず、なんで?って思ってました。
ジョンの言ってる事はもっともで、こんなに単純明快な事しか言って無いのに、なんで夢想家なの?そんなこと言う人いるの?って。
でも、あの歌詞を「理想論」とすら思わず、「馬鹿げた事」と思う人は実際にいるんですよね。
最近やっと、それを実感しました。

どんな気持ちで、「I hope someday you'll join us」って歌ってたんだろう。


原発再稼働。

悔しいやら悲しいやら寂しいやら。



情けないやら。
[PR]
by churaphoto | 2012-06-12 01:45

日曜日よりの使者

c0159876_011038.jpg

なんかそういえば最近大笑いしてないな、と思い、ここ何日かyoutubeでひたすらダウンタウンを検索。

今でこそテレビなし生活ですが高校生の頃は、毎週日曜日に放送されてた
ダウンタウンのごっつええ感じとガキの使いは毎週ビデオに撮りためてて、
180分のビデオテープ3倍で10本以上になってた覚えがあります。

一人暮らしを始めてからあまりテレビを見なくなってしまったので、それ以降の芸人さんはよくわかりませんが、
この家に引っ越す前に一緒に暮らしてたゆうきがテレビっ子だったので、一緒に見てた時のイメージは、
芸人さん個人が云々というより、制作費がないのか、クレーム対応なのか、
お笑い番組が昔よりせせこましくなった気がして、
その中で無理矢理テンションあげて騒いでるように見えてしまい、なんだか痛々しくてあまり見られませんでした。

だから私に取ってのお笑い芸人は今も昔も「ダウンタウン」(最近のダウンタウンは知らないけど・・・)

ここ数日、私の部屋から「ドリフのオープニングの笑い声」とよく例えられる私の笑い声がご近所に轟いてたかと。
特にガキの使いのトークが好きでした。今はやってないそうですね。

なんか見過ぎでどれを載せたらいいのかわかんなくなってしまった。


ハイロウズの、「日曜日よりの使者」という曲は、松ちゃんを歌った曲だとか、そうじゃないとか。
松ちゃんもヒロトも、それぞれ本人がちゃんと認めた訳ではないらしいですが、(でもそんな風に予想がつくような発言は二人ともしてる)
ヒロトが自殺を考えるくらい落ち込んでた時に、たまたまテレビが着いてて、
ダウンタウンを見て笑ってしまい、まだ笑える自分に気づき、自殺をやめたとか。

この話はあくまでも噂で、これに対し、「ヒロトが自殺を考える訳が無い」という意見もいっぱい見ます。その意見もなんとなくわかります。
でも私も自殺を考えたことはありませんが、だいぶ昔、落ち込みすぎて自分の行動がよく把握できなくなり、
いつのまにか道路の真ん中にいたりしたこともありまして。
他にも、信号が今、赤なのか青なのかはわかるんですけど、
「赤ってなんだっけ?どうすればいいんだっけ?」とわからなくなってしまったり。
要は錯乱してたんですね。
そのとき、「あ、このまま行くと自殺なんかしなくても死んじゃうかも。」と思ったことはあります。
ヒロトもそのくらい落ち込むことぐらいはあるはず。
そんな状況の中、何かのきっかけでふっと笑えた時の、救われた感じ。一筋の細い光がさすような。
要はこの話のポイントは「ヒロトが自殺をしようとしたか」ではなくて、
「ヒロトがまっちゃんの「笑い」に救われたことがあるかもしれない」というところ。
「なぐさめ」でも「励まし」でもなく、「笑い」に。
あくまでも「都市伝説」のような話で、確かではないですが、いい話なので本当だと思いたい。

そして、私にとっての「日曜日よりの使者」もダウンタウンです。あ、別に今は全くおちこんでませんけどね?笑わせてくれる人、という意味で

笑いを作る、人を笑わせるって、やっぱりすごいことだと思う。
そして「笑える」ってことも。


たとえば 世界中がどしゃ降りの雨だろうと
ゲラゲラ 笑える 日曜日よりの使者

適当な嘘をついて その場を切り抜けて
誰一人 傷つけない 日曜日よりの使者



おまけ
ちょっと女としてこれを載せるのはどうかとためらったけどどうしても載せたい。
個人的に一番くだらなくて好き。小学生みたいな下ネタ。

[PR]
by churaphoto | 2012-06-05 00:45

そっか。

c0159876_0594734.jpg
ありがたいことに、4つ前のブログ記事、「発光体」に載せた写真を、ポストカードにして欲しいと言う依頼を頂きました。
友達からの依頼だったし、ほんの数枚だったので、タダでもいいかなと思ったんですが、
最近よく色んな人に、
「もうプロなんだからその辺ちゃんとやりなさい」と怒られる事が多かったので、
「一枚120円でどうかな?」と聞いてみた所、その子から、
「安すぎる」というお返事が返ってきました。

その子も、ジュエリーデザイナーなので、自分で価格設定する事の難しさを知ってるんですが、
「桂の写真はもっと高くていいと思う。」という嬉しいお言葉。

それでも私の中では、
「お金は仕事で撮った写真でもらってるから、好きに撮った写真はタダでいいんじゃないだろうか」という考えから抜け出せませんでした。

お金をもらうと言う事は「プロ」になるから、好き勝手に撮った写真では申し訳ないと思ってたんです。ある程度、お金を払う側の要望とか聞いてから撮った物の方がいいんじゃないかとか。
要は「商業カメラマン」の感覚が身に付いてしまってたんですね。

でも今日、カメラマンの先輩と電話してて、その話をすると、
「好きに撮ってる写真こそ、自分の感性のみで撮るんだから、価値があるんだよ。」
と言われ、目からウロコ。

そうか。そういうことか。やっとわかった。

自分に自覚がなかっただけで、いつの間にか、周りは私を「写真家」として見ててくれてたんですね。
[PR]
by churaphoto | 2012-05-28 01:43

逆転

c0159876_0181863.jpg
2012年5月6日、スーパームーン(スーパームーンだとわかるような写真じゃなくてすんません)
c0159876_0192896.jpg
2012年5月21日、金環日食直前。(直視しちゃダメだとか、カメラ向けちゃダメだとかさんざん言われてたのに、いい具合に曇ってたのでチャレンジしてしまいました)カメラも自分の目も無事でしたが、眉間のしわはさらに深くなったかと・・・。




明るい夜と暗い昼。




そして

c0159876_024424.jpg
太陽と月と自分が一直線になった時、目の前に現れた輪っかは「ゼロ」だ、と思った。(あほですか)

妙にやる気や自信にあふれてみたり、そうかと思うと他人と比較したり、自分の行動を振り返って落ち込んだり。
普段の自分と違う事はわかりつつも、無理に日常を取り戻す事も出来なくて。
そんな事を繰り返して繰り返して、帰り着く所は結局いつも、「写真が好きだ」という原点。

ゆっくり、一歩ずつ。
[PR]
by churaphoto | 2012-05-26 00:33

発光体

c0159876_23474427.jpg

c0159876_2348717.jpg

c0159876_23482784.jpg

c0159876_2348411.jpg

c0159876_23485825.jpg

c0159876_23491041.jpg

c0159876_2349352.jpg

c0159876_23492762.jpg

c0159876_23495972.jpg

c0159876_23501975.jpg

c0159876_23502892.jpg

花って絶対発光してると思う。
[PR]
by churaphoto | 2012-05-14 23:53

削除

c0159876_2205199.jpg

「こういう写真はこう撮ればきれい」
とか、
「こういう物はこう撮ればいい」
とか、
そういう今まで身につけてきた生半可な知識や概念を、全部取っ払ってしまいたい。

脳みそやわらかくする方法、誰か教えてください。
[PR]
by churaphoto | 2012-05-11 22:03

未来

c0159876_2338239.jpg

今後自分がどんな仕事をして、
どんなとこに住んで、
どんな生活をして
どんな物を食べて生きてくか、

だいぶ明確な希望は見えてきた。

後は自分の行動次第。

道の途中でまた変わるかもしれないけど。
それはそれで、きっと必然なこと。

以前は不安だらけだった「未来」
暗中模索なのは変わらないのに、
最近は自分がこれからどう変わって行くか、楽しみになってきました。
[PR]
by churaphoto | 2012-05-09 23:59

脱出

c0159876_21564365.jpg

気づけばもう10月で、9月の更新は1回になってしまいました。
と、言うのも、前回のブログで「体調不良気味」と書きましたが、9月中、絶不調でした。

体調が悪いと言うか・・。調子が悪いって言うのかしら。

なんか冴えない。

そして仕事も無い。

たまに依頼が来たかと思うと、他の仕事や楽しみにしてた予定とかち合う。しかも最初に入ってた方がギャラが安かったり。

仕事したらしたで編集さんと噛み合わないし。

自分でも不思議に思うような凡ミス(だけど始末がわるい)するし。

機材まるごと現場に置き忘れて帰ってきちゃうし。

変に煮詰まっちゃうし。

胃は壊すし。

そのせいで肌も荒れるし。

腕は太いし。

足も太いし。

五頭身だし。





・・・って感じで、もうなんか、「酸素吸っちゃっててすみません」くらいのどんよりだったんですが、
こういう時って、そういう星の下にいるんだろうなと思って、悪あがきせず、
ひたすらおとなしく、星が頭上を通り過ぎるのを待っておりました。

きっと9月はそういう時期なんだと。

そしたら案の定、10月が近づくに連れ、仕事の依頼も増えだして、いろんなことの歯車が噛み合いだして。

最近やっと完全脱出した気がします。


そしたら急に大忙し。10月半ばまで休みがありませぬ。

最近ひたすら画像処理で、ろくに寝てない私。
今日は久しぶりにゆっくり寝られる。

もうなんか、ねじりハチマキでもして、全力で寝たいっす。寝るぞこの野郎。



9月は不調だったと言う人は、私だけでなく、たくさんいました。

色んな見えない力が作用してるんだろうなあ。人間も動物だもんね。


とりあえず。

寝るぞこの野郎。


おやすみなさい。


あ、写真は夏に山梨の西湖にキャンプに行った時の写真。やっとフィルム現像した・・。
山の後ろが明るくなってきたな、と思って見てたらまん丸い月が出てきました。


c0159876_22373160.jpg

[PR]
by churaphoto | 2011-10-04 20:55