タグ:音楽 ( 49 ) タグの人気記事

着メロ

c0159876_234225.jpg
カメ吉。いとしい。
この写真を載せたくて、でもなにもエピソードが無いので、
「もしもし亀よ」の「もしもし」にちなんで電話の話でも。

携帯の「着ウタ」というものがきらいです。
なのでずっと電話の着信は普通の着信音。
メールはここ数年ずっと、アップル社のCMの最後に流れる音だったんですけど。
iPhoneが普及しだしたら、iPhoneに元から入ってるオリジナルのメロディがそれらしくて、
周りでよく耳にするようになってしまい、私auなのになんだかiPhoneぶってる人みたいになって、
さすがに恥ずかしくて変えたい。

そんで何にしようかな〜と考えてて、「moon river」が単音のコロコロした音で流れたらかわいいんじゃないかと思いつく。(↓この動画でオードリー・ヘップバーンが歌ってる出だしのとこ。)
この曲、今初めて知ったけどティファニーで朝食をのメインテーマなんですね。
つーか何、いまこんなにきれいなカラーで見られるの??

で、この前「moon river 着メロ」で検索して一番最初に出てきたド○ンゴに入会して
ダウンロードしてみるも、なんか変なボヨンボヨンした電子音で、イラッとして即消去&退会。
日本のこういう業界のセンスのなさに軽くがっかりです。

なんかいいのないかなー。なんかあったら教えてください。(曲もサイトも)

でもほんとは、ダウンタウンのコントの「やすしくん」でいつも出てくるメロディが欲しい。

このコントでまっちゃんが「つかれ〜たやすし♪」って歌ってるやつ。
ちゃんと管楽器で曲にすると結構いいんです。

でもこの曲の元ネタがわからない。前から結構調べてるんだけど何を調べても出てこない。
このコントでの創作なのかしら?


よこが〜おやすし♪うしろ〜のやすし♪


ねます。
[PR]
by churaphoto | 2010-11-22 22:33

daydream

c0159876_1215436.jpg

もう少しだけ、夢の中にいたい。(撮影/オーハタ


昨夜、とても楽しい夢を見ました。
場所はよくわからないけど、とてもきれいな海で水上スキーをやってた。
登場人物は誰一人として現実の知人ではなかったけど、
黒人の子とかとも仲良さげにしてて、先生らしき人もいて、どうやらクラスのアクティビティのよう。

見たことないきれいな場所で見たことない楽しげな人たちと、やったことない遊びでリアルに遊んでました。
目が覚めたとき、もう一回眠りたかった。

私は夢を良く見る。怖い夢も楽しい夢も。
何度も同じ夢を見ることもあって、そこに必ず出てくる人がいるんだけど、現実には知らない人。
いつか会えるんでしょうか。




そしてぜんぜん関係ないけど、この前、金色の夕陽を見てたら、ふと思い出した曲。

この歌、多分リアルタイムとしては小学生くらいのときだと思うし、
テープもCDも持ってた訳では無いのですが、妙に記憶に残っています。
子どもながらに久保田の歌のうまさに驚愕したもんです。
昔テレビで見た時、観客の女の子が一人、立ってられないくらいに号泣してたのが今でも忘れられない。
[PR]
by churaphoto | 2010-11-21 12:17

ONLY ONE

c0159876_1142764.jpg


「No.1にならなくてもいい もともと特別なオンリ〜ワ〜ン」
とは、smapの「世界に一つだけの花」の歌詞ですが、(作詞だれだっけ?マッキー?)
だいぶ前ですが、この歌に真っ向からケンカ売ってるコラムを読みました。

「冗談じゃない」と。
努力して努力して努力した者だけがオンリーワンになれるんだと。

この歌の真意はそこではなく、
「そのままの君を愛してくれる人がきっとどこかにいるんだよ。だからそのままでいいんだよ。」
的なものだと思いますが、そのコラムの著者は将棋のプロの方で、
勝負の世界に生きる人なのでそういう風に取る発想そのものが無かったと思われます。

でも私も、この歌はなんだか「なぐさめ」にしか聴こえないなあ・・・と思ってたので何となく共感しました。

たとえば、フィギュアスケートの真央ちゃんとキム・ヨナ。
どちらが一位になろうと、どちらもとても素敵で、比較することが不可能な、それぞれの良さがありますよね。
そういうことだと思います。


写真を始めてから、ずっと、自分の写真に劣等感を持ってました。
写真学校でも、うまい人には見られたくないと思ってました。
なんで上手になんないんだろうと思ってました。
我ながらセンスないなあとずっと思ってました。

カメラマンになってからも、先輩カメラマンに写真を見られるのが恥ずかしかった。

でも最近、仕事で取材させていただいたお店から、
「素敵な写真をありがとうございました」ってお礼状が届いたり、
もともと2ページで構成するはずだった企画を、
「churaさんの写真をたくさん載せたいから、編集長に無理言って3ページにしてもらいました。」
とおっしゃっていただけたり。



私の写真でいいんだ、と。



プロとしてうまいか下手かと言ったら、ド下手です。
でもそれでも、喜んでくれる人がいる。

私の写真を好きだと言ってくれる人がいる。

すこしづつ、オンリーワンになれてる気がします。


頑張ろう。


上の写真は、それこそオンリーワンのロケンローラー。
私も一回しか見たこと無いけど、強烈でした。

彼を形容する言葉が見つかりません。実際に見てもらわないと伝わらないけど、


「彼をあざけ笑う人がいたら、私がそいつを笑ってやる。」


そんな人です。
[PR]
by churaphoto | 2010-10-27 22:13

無題

c0159876_21391538.jpg

c0159876_21403337.jpg

c0159876_21404349.jpg


格好良く生きるためには、努力と覚悟が必要だ。
[PR]
by churaphoto | 2010-10-20 21:50

拝啓 ジョンレノン

「拝啓 ジョンレノン
 あなたがこの世から去りずいぶん経ちますが
 まだまだ世界は 暴力に溢れ 平和ではありません」

              真心ブラザーズ「拝啓、ジョンレノン」より



今日はジョンレノンの70回目の誕生日。
googleやyoutubeのロゴがジョンの似顔絵になってました。
c0159876_2315522.jpg



この人の平和への思いは、単純でわかりやすくて好き。

誰かと争う事なんて、誰かを愛する事に比べればとてもちっぽけでくだらないことだ、と。
だから戦争なんてもうやめて、愛する人と一緒にいよう、誰かを愛そう、と。

単純で簡単そうで、でもその二つを並べて考える事が出来る人は意外に少ない。


「拝啓 ジョンレノン
 僕もあなたも大して変わりはしない」
[PR]
by churaphoto | 2010-10-09 23:39

PLAYING FOR CHANGE

最近順調な更新ぶり。

以前、後輩くんの(あまり更新のない)ブログで、紹介されてた、STAND BY ME

playing for changeという、音楽で世界をつなげてしまおうと言う素晴らしい音楽プロジェクトのものでした。
最近ではCMでも使われてるようですね?(家にテレビがないのでわからないんですが・・)

とにかく最初に見た時にどえらい感動して、YOU TUBEで他の曲とかも見まくってたら、
すげーかっこいいの見つけた。

普段、あまり「やべー」とか使わないようにしてますが、これを見てるときは「やべーやべー」言いっぱなしでした。
最初のギターでまずやられます。

Bob Marley   War/No More Trouble


Bob Marleyはあまり詳しくなくて、ベスト盤を一枚持ってる程度なんですが(集めたいけどね。)
この映像でこの歌を知って、後で本人が歌ってる映像も見て、一躍「Bob Marleyで一番好きな曲」になりました。かっちょいいです。


音楽があれば、簡単に人ってつながっちゃうんだよねぇ・・・。
やっぱり何か楽器やりたいなぁ。
最近ウクレレに興味が・・・。
[PR]
by churaphoto | 2010-10-08 23:18

追悼

はい。ヒマしております。肌もたるんでおります。


それはそうと。

みなさん、LA-PPISCH(レピッシュ)ってバンド、知ってます?
日本のスカバンドで。
私も昔、MDを一枚持ってただけなんですけど。
コンポが壊れてPCでしか音楽を聴かなくなって、全然聴いてなかったんですが、
久しぶりに聴きたくなって、YOU TUBEで探したら、衝撃的な事実が。

キーボードの上田 現さん、ガンで亡くなられてました・・。
いや、私もそんなに知識があるわけではないので、調子いいこと言えないんですが、
なんだか若くして亡くなられるミュージシャンが多すぎやしないかと。悲しくなります。
上田現さんは、元ちとせの「ワダツミの木」の作詞作曲も担当した方で、
それを聞いただけでも才能ある方なんだと思う方もいらっしゃるかと。

レピッシュはホントに突き抜けたバカで、かっこ良かった。って今も活動してるようですが。

遅くなってしまいましたが、心よりご冥福をお祈りします。

現さんの作った名曲。ハーメルン。ワダツミの木っぽい。

でも個人的にレピッシュはこの曲が好きです。RINJIN。バカすぎ。

あと「リックサック」って曲もバカすぎておすすめです。

バカでも、実力あるバカだからかっこいいのです。
本気でバカをやれるミュージシャンが減って来たよね。知らないだけかな。


CD買いに行こう。
[PR]
by churaphoto | 2010-10-01 17:28

映画鑑賞強化月間

いやー、給料日前にこんなに休みがあっても、お金なくてどこもいけませんがな。

そんな折、ゲオが9月いっぱい、旧作100円でレンタルしてまして。
ここぞとばかりに見逃していた映画を見まくっております。

なので少しレビューなんぞ。ネタバレありなのでこれから観る方ご注意を。

*人のセックスを笑うな*
c0159876_19265231.jpg 

永作博美に蒼井優とくれば、それだけでなんだか面白そう。
いや〜、永作、可愛すぎ。小悪魔(今時言うのか?)っぷりが半端無いです。
普通に考えれば、「女の敵」になるタイプなんだけど、でもなんか憎めない。
理性もルールも、相手の気持ちも周りの状況もお構い無しなんだけど、
変に小細工や媚を売ったりしないから、見てて気持ちいい。
女の敵になるかならないかの違いはそこなのかな。
器量も度量も、相手のが確実に上回ってたら、たとえルール違反な事してても
参りましたって言うしかない気がする(笑)
友達も前にブログに書いてましたが、
だって触りたかったんだもーん。」って言葉がとても印象的でした。
気持ちわかります。松山ケンイチの、なんか大型犬っぽい感じ。モフッと抱きつきたい。
女だって、きれいな線をした男の人の体には触りたくなるってもんです。

そして蒼井優が松山ケンイチに放つ「バッカじゃない!!!」って言葉も。良〜くわかります(笑)
純情すぎて、騙されすぎて、そんな女好きになりすぎて翻弄されまくってて「バッカじゃない!!」
そんでもってそんなバカなそいつを好きな自分も「バッカじゃない!!」

・・・・もどかしいですね(笑)

そして最後の蒼井優の心境の変化まで、なんともリアルな映画でした。
しかしみんな、演技うまいよなあ。ああいう日常的な演技って一番難しそうだけど。

映像もちょっと青みがかった柔らかい感じで、見てて心地よかったです。
しかし恋って、相手の事何もわからず、ただスキンシップにドキドキする、いわゆる「両思いになりかけ」が一番楽しいですよね・・・・って、この映画見て再確認。
松山ケンイチがホントに楽しそうで。私もニヤニヤしたーい。



はい次。


*ミリオンダラーベイビー*
c0159876_1918751.jpg

クリント・イーストウッド監督・主演作品。
上映中は何だか色んな番組で賞賛されてて、気になりつつ観てませんでした。
観てびっくりです。ただ単に熱血スポーツ系感動映画だと思ってたら全然違った。
面白いとか、いい話とか、そういう表現は似合わないと言うか、使っていい言葉じゃない気がする。

ましてや美談でもない。

重い。重い話です。途中から痛々しくて、涙止まらず。観てられなかった。(いや観ましたけど)
私も祖父母が亡くなる直前、好きな物も食べられず、見える景色は天井ばっかで、体は思い通りに動かず、これで生きてるって言えるんだろうかと思う反面、私の立場からすれば、どんな状況でも生きてて欲しいと思った。
たとえ話せない状況になっても、目しか動かなくなったとしても、その人がそこに存在するかしないかは、とても大きな違いがあって。


尊厳死。


ベティ・ブルーを観た時もショックだったけど、本当に、何よりも辛い行為のような気がする。
でももし自分の体が動かなくなったら、やっぱり殺して欲しいと思うだろう。
そう考えると、やっぱり最上の愛情表現なんだろうか。
でもやっぱり、生きてこそ、な気がするんです。


難しい。


まとまらないので、映画とは関係ありませんが、この映画を見て思い出した曲を一つ。


Tom Waits。最高です。映画の最後の方、ずっとこの曲が頭の中で流れてました。


そして内容が暗くなったので、ちょっと余談。

この映画でも、やっぱりモーガン・フリーマンはかっこよかった!!!
なんでしょうね。あの存在感。

なんか、映画のタイトルとか思い出せなくて、説明したい時に、
主役の人差し置いて、「あの、モーガン・フリーマンが出てるさ〜」って言った経験のある人!
絶対いるはず!

脇役なんです。あくまでも脇役に徹してるくせに、終わった後の絶対的な存在感。すばらしい。

ハットも似合いすぎです。

そんでもってハットが似合う黒人ってことでもう一曲。(音が大きめです。ご注意)


The Specials!文句無し。キーボードの人カメラみすぎ(笑)
ボーカルの白人が、この映画に出てくるデンジャーに似てます(笑)

他にもいっぱい観ましたがとりあえずこんなもんで〜。
また気が向いたらかきます。
[PR]
by churaphoto | 2010-09-23 20:58

うたうたい

土曜日、THE WARENKA(ワレンキャ)というバンドのライブを聴きに、渋谷の沖縄料理居酒屋に行ってきました。
ボーカルの賢太郎が奄美の徳之島出身で、他の人たちも全部南九州出身の、パンクロック、スカ、レゲエ、奄美民謡アレンジ・・・。とにかく幅が広い、アツいバンドです。
c0159876_0583135.jpg
賢太郎(ボーカル)
c0159876_0585762.jpg
アツシさん(ギター・三線)
c0159876_10190.jpg
たくちゃん(ボーカル・ピアニカ)
c0159876_113779.jpg
響子ちゃん(パーカッション・ボーカル)
c0159876_112218.jpg
軍手のサブロー(ベース・くもりメガネ)
c0159876_114897.jpg

もともとはボーカルの賢太郎が友達の友達で、ライブに呼ばれたのがきっかけですが、最初はその・・アマチュアのバンドって、申し訳ないけどちょっとへっぽこを想像してました。
行ってみたらもう、とんでもなかった!あの頃の私に土下座させて謝らせたい。

私は楽器をやる人間ではないので、うまいとか下手とか、コードがどうとかアレンジがどうとか、そう言う事はよくわからないんですが、とにかく、楽しい。気持ちいい。

バンド名のワレンキャとは、徳之島の方言で「悪ガキ」とかそういう意味らしいんですが、ホントにいい具合に悪ノリのふざけっぷりで、見てて気持ちいい。
愉快痛快ワレンキャ君なんです。怪物君のフレーズです。念のため!!

ライブはあっという間に終わってしまいましたが、しばらく飲んでると、アツシさんがギターを取り出して、流しで色々弾いてくれ、それに合わせて他のメンバーも歌ってくれて。
リクエストにも応えてくれて、みんなでワイワイ。すごく贅沢な時間でした。
c0159876_1572680.jpg


音楽に触れてる時、いつも思うこと。

音楽と酒。それさえあれば、どこの誰とか、何してるとか、そんな事どうでもいいんじゃないかと。
ただもう隣にいる人引き込んで一緒に踊って、笑って、それってなんかすごく深い意味があるような。
何かの答えがそこにある気がします。

音楽、お酒、笑顔、人。それから好きな事をやってる人特有のキラキラした顔。
大好物がたくさん揃った、贅沢な夜でした。
胸いっぱいで腹いっぱい。
(あ、ちなみにこのお店、沖縄料理めちゃくちゃおいしいです!
店員さんもとてもいい人たち。行ってみて下さい。→渋谷 しまぶくろ

毎月どこかでライブしてます。
興味ある方、一緒にいきまほ。楽しいですぜ。


ちなみに、奄美ナイトという、奄美の島々出身の、若者唄者がたくさん出るイベントもちょこちょこあります。もちろんワレンキャもでます。
参考までにこちらのブログを。動画も見れます。→matyunagニャッシ
[PR]
by churaphoto | 2010-09-08 02:01

真夏のストレート

c0159876_1453375.jpg


 「明日こそは」とつぶやいて

 泣いたのは一昨日だった

 明日なんかもう知らないよ

 今日の勝ち

                  甲本ヒロト 「真夏のストレート」より


仕事で失敗をしました。
失敗と言うか、こんな写真じゃあとで後悔するなと思いつつまあいいやと流す。
満足のいく写真なんて撮れた事はないけど、後悔するのをわかっててそのままにした事を激しく後悔。


そんな中、久しぶりの友達と会いました。
仕事と人をとても大事にする彼女に、パワーもらいまくりです。


明日から頑張ろう、じゃない。
今やろうすぐやろう。
「明日やろう」は馬鹿やろう。


今、変わろう。

出来る事は必ずある。
[PR]
by churaphoto | 2010-08-30 23:44